飛騨大鍾乳洞 4

 鍾乳洞は無数に垂れ下がった鍾乳石の氷柱があり、それらには何かに見立てた名前が付けられています。
 「なるほど」と思う物や「「どこが?」と疑問に思う物と見る人それぞれで意見の違うところでもあります。
 でも幻想的な眺めには違いなく、進路の先にはどんな風景が?と期待も膨らみます。
 またそれとは別に夢の世界から現実へと戻される展示もあり、例えば洞内の一定の気温を利用した日本酒の貯蔵庫などもあります。
f0290971_4561098.jpg

f0290971_4563954.jpg

f0290971_4565178.jpg

f0290971_457123.jpg

f0290971_457132.jpg

f0290971_4572663.jpg

f0290971_457352.jpg

f0290971_4574567.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-04-01 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(2)
Commented by ばんば at 2017-04-01 15:30 x
よく雪室などで貯蔵されるのと同じことなんでしょうね。
でも、景観としてはなんとなく…なぁ・・・って感じはしますね。
だけど、ここで貯蔵された日本酒、美味しいんでしょうね~~~
Commented by sikisai03 at 2017-04-01 16:15
ばんばさん、こんにちは。
コメント有難うございました。
氷点下の森でも寒い場所に貯蔵することでまろやかになると、氷の室の中に仕舞ってありました。
鍾乳洞も一定の気温なので特に夏を越すには良いのかも知れませんね。
私は飲んだことがありませんが、川尻酒造の古酒「天恩」の方が私には口に合っていると思います。
<<  何時もの風景 (奥飛騨に遅い...  (予告)高山祭屋台の総曳き揃え >>