ウミユリとフズリナの化石

 以前のブログでピンナと言う貝の化石やシダの化石などを紹介しましたが、
 今回は子供の頃に探し出したウミユリとフズリナの化石です。
 高山市には飛騨大鍾乳洞があり、その一帯の地質は石灰岩となっています。
 化石はその中に含まれているもので、太古の昔は海の底だったことがそれによって窺えます。
 海抜がマイナスの場所が現在は標高1,000m近くなんてちょっと信じられないですね。
f0290971_18184538.jpg

f0290971_18193053.jpg

f0290971_18194861.jpg

     ↑ 上三枚はウミユリの化石です。
      ウミユリはウィキペディアによると、
      ユリと名が付いていても植物ではなくヒトデやウニと同じ棘皮動物の仲間とあります。
   → https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%9F%E3%83%A6%E3%83%AA
f0290971_18202828.jpg

f0290971_18203874.jpg

f0290971_18204857.jpg

     ↑ そしてこの3枚はフズリナの化石です。
      またフズリナは同じくウィキペディアによると、
      紡錘虫類(fusulinid)のことで原生動物有孔虫とあります。
→ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%BA%E3%83%AA%E3%83%8A

 ※ ウミユリ、フズリナ共に2枚目、3枚目の写真は磨きをかけて見やすくしてあります。
[PR]
by sikisai03 | 2017-03-23 00:03 | 収集癖 | Comments(8)
Commented by youshow882hh at 2017-03-23 01:13
こんばんは。ゆーしょーです。
立派な化石を集めてますね。
子どもの頃から化石に興味があったのですね。
私も理科の本などで子どもの頃から興味があったのですが、
探したりする機会がなかったです。
Commented by sikisai03 at 2017-03-23 05:39
ゆーしょーさん、おはようございます。
コメント有難うございました。
飛騨は以前にも書きましたが手取層群や石灰岩地質などがあり化石の宝庫です。
場所に恵まれたのが採集の成果だと思います。
私たちの子供時代は理科学に興味を持つ子供が多かったですが、
今は化石探しなどしている子供は少ないですね。
Commented by Meri-koenji at 2017-03-23 19:17
飛騨で海の生物の化石が...sikisaiさんの仰るように、今の海抜を考えると信じられないような気もしますねぇ。それにしても、少年の頃からこれを化石と理解していることが素晴らしいですね。お父様に教わって、とかですか?多彩な幼少期を過ごされて、今の博学さを培われたのですね(^∇^)やっぱり原体験は大切なんだなぁ。
Commented by sikisai03 at 2017-03-23 19:40
Meri-koenjiさん、こんばんは。
コメント有難うございました。
飛騨は高山市の市街地で標高が500m以上あります。
この化石が出るのはもっと高いのですが、そこが古代には海だったと・・・
ちょっと信じられないところに子供ながら興味がありました。

父は化石の知識は無く、友達とよく図書館で勉強したものです。
他にも生物とか気象とかに興味があり熱中していました。
趣味が多く博学だとすれば何事にも「熱しやすく冷め難い」ところからかと思います (^-^)
Commented by Hsrolayqq at 2017-03-23 21:11
こんばんわ
飛騨で海の化石がでるとは?
大昔ここが海だったってこと?
歴史にロマンを感じます。
Commented by Blue Wing Olive at 2017-03-23 21:56 x
おっしゃる通り、飛騨にはいくつか化石の産地がありますね。丹生川の石灰岩地帯は色んな期待が持てそうです。
本気で探してみたくなりました。
Commented by sikisai03 at 2017-03-24 04:25
理恵さん、おはようございます。
コメント有難うございました。
何千万年も何億年も昔のことですからそうなるのかも知れませんが、
地表が動くって信じられないですね。
僅かなズレの地震でさえ大事なのですから・・・
そうなると理恵さんのお住まいの地域も先々には山の天辺になるかも?
Commented by sikisai03 at 2017-03-24 04:25
Blue Wing Oliveさん、おはようございます。
コメント有難うございました。
最近は小八賀川で釣りをすることが無くなりましたが、川原で注意して探せば見つかりますよ。
また丹生川の石灰岩もですが、山の反対側の福地には特に興味が持てますね。
確か以前にオルドビス紀の化石が出たはずです。
<<  ヒラアジの手巻き寿司  時季外れの山ウドのきんぴら >>