おり菜とホタテのバター炒め

 おり菜とは飛騨の菜の花です。
 詳しく言うと菜の花はアブラナ科アブラナ属の花の総称のことで、地方によって色々な種類があります。
 飛騨では昔から若葉と花の蕾を食べるためだけに品種改良されたのが栽培されています。
 まだ畑には雪があるので今出回っている物はハウスで育てられたものですが、
 他の地方の菜の花に比べて茎も太いのに柔らかくて風味も強いです。
 今回はホタテと合わせてバター炒めにしました。
f0290971_1832269.jpg

f0290971_18321581.jpg

f0290971_18323178.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-03-10 00:03 | たかが男の料理 | Comments(8)
Commented by youshow882hh at 2017-03-10 00:37
こんばんは。ゆーしょーです。
おり菜は和歌山では聞かれない野菜ですが、
飛騨では、昔からある飛騨特有の野菜なのですね。
菜の花の一種でしょうか。
今、スーパーでは菜の花を多く見かけます。
私もよく買い、薄揚げ、里芋と一緒に煮込みます。
おり菜とホタテのバター炒めとは高級料理ですね。
Commented by sikisai03 at 2017-03-10 05:15
ゆーしょーさん、おはようございます。
コメント有難うございました。
そうなのです、おり菜も菜の花の一種です。
普通の菜の花に比べて茎も太く葉も大きいです。
それでいて柔らかいのが特徴、とても美味しいですよ。
ホタテを使ったと言えば高級感がありますが、このホタテは200円そこそこでした。
油揚げと里芋も美味しいでしょうね。
Commented by ばんば at 2017-03-10 08:36 x
おはようございます~
もう折り菜が出回ってるのですね?
ばんばはまだ見ていなくて、昨日はなばなを買ってきました。
なばなでもこうやってバター炒めすれば美味しいかな・・?
Commented by 1944-suzu at 2017-03-10 09:10
ホタテが美味しそう~
おり菜、こちらでいう菜花かな?
花のつぼみと茎を食べるための野菜
菜の花の様な苦味はありません。
私は良く胡麻和えや油揚げと炒めたりします。

”かって撒き”は勝手に巻くのかと思えば
硬い事となんですね。
遠く離れれば呼び名も違いますね。

氷点下の森、うんざりしていません、
楽しみに見せてもらっていますよ(*^_^*)
Commented by pikorin77jp at 2017-03-10 14:29
お誕生日のメッセージありがとうございます。
先程 ご近所から 菜の花をたくさんいただいたばかりなんです。 ホタテと一緒にバター炒め、、、これいいですね!いただき!! 今夜のご馳走の一品にしますね。ありがとうございます。
Commented by sikisai03 at 2017-03-10 17:18
ばんばさん、こんばんは。
コメント有難うございました。
もう半月ほど前からスーパーや産直に見られるようになりました。
それまでは三重県産の菜花にお世話になっていましたが、
ようやく地物が食べられるようになりました。
スーパーで売っている菜花でも同じように作れますよ。
ホタテの代わりにシーチキンでも美味しいです。
Commented by sikisai03 at 2017-03-10 17:18
1944-suzuさん、こんばんは。
コメント有難うございました。
そうです、菜花と同じようなものです。
普通はおひたしにして鰹節を塗して出汁醤油で食べますが、
たまにはこんなやり方も良いかと思います。

かって撒きは確かに勝手に撒くとも思えますね。
これは飛騨独特の言葉と思います。

氷点下の森シリーズは全部で10回を予定しています。
動画が最後の方に出て来ますから是非ご覧下さい。
Commented by sikisai03 at 2017-03-10 17:18
pikorin77jpさん、こんばんは。
コメント有難うございました。
ホタテも大きなものはそれなりの値段がしますが、
ベビーホタテと言う小さなものは手頃な値段なのでこんな料理にも使えますね。
バターで軽く炒めて
塩コショウか醤油を回し掛けるか、どちらも美味しいですよ。
<<  氷点下の森 2017年その6  氷点下の森 2017年その5 >>