真冬の上高地 ⑤

 中の瀬橋からバスターミナルに掛けてはターミナルに近くなるほど穂高が良く見えるようになります。
 梓川の左岸に沿って遊歩道を歩くのですが、川の流れと雄大な山の風景が相まって好きな眺めです。
 川の水は澄んではいますが晴天の割には青みが少ないように思われました。
 雨が無い分だけ水量も少ないからでしょうか・・・
 途中でターミナルに寄って今日は河童橋までです。
f0290971_1946348.jpg

     ↑ ダイヤモンドダストが見える場所からの穂高です。対岸の岸にはケショウヤナギとシラカバなどの林が見られます。 

f0290971_1946487.jpg

     ↑ 上流を見ると左の明神岳の切り立った崖の向こうに徳沢方面が見えました。
 
f0290971_1947082.jpg

     ↑ 堤防には人の腰丈ほどの柵があるのですが、被さるほどの積雪があります。

f0290971_19471060.jpg
 
     ↑ バスターミナルの駐車場、夏には観光バスなどで一杯になります。遠く林の向こうに見えるのは焼岳です。
 
f0290971_19472682.jpg
 
     ↑ カラマツ林の向こうに見えるのは六百山です。
 
f0290971_19474174.jpg
 
     ↑ 再び梓川沿いに出て来ました。向かいに西糸屋旅館が見えます。
 
f0290971_19475543.jpg

     ↑ 明神岳のアップです
 
f0290971_1948827.jpg

     ↑ 行先に河童橋が見えて来ました。
 
f0290971_19482124.jpg

     ↑ 夏の喧騒が嘘のように静かです。
 
f0290971_19483312.jpg

     ↑ 小梨平から見た河童橋と焼岳 
       ※ 今回も写真の中にはサイズを大きくしたものもあります。
[PR]
by sikisai03 | 2017-02-15 00:03 | 山歩き | Comments(6)
Commented by Hsrolayqq at 2017-02-15 19:28
こんばんわ
上高地って冬場は入れるんですか?
私の中では11月半ばごろから4月ごろまで交通が規制されると思い込んでいました。
見事な雪景色です。美しい。。この一言です。
Commented by ねずまま at 2017-02-15 20:53 x
河童橋周辺は 雪 少ないですね。ベンチが 見えていますが またじしてあるのでしょうか?
それにしても 写真 500枚撮られたと
いって見えましたが この景色では 何度もシャッター
押したくなりますね。山々と 川の流れ 冬の上高地
行きたくなりますね。
Commented by youshow882hh at 2017-02-15 20:58
こんばんは。ゆーしょーです。
中の瀬橋から河童橋まで、梓川の左岸を歩いたのですね。
左岸を歩くと、六百山は頭の上に見えますね。
2回とも泊まった西糸屋旅館が懐かしいです。
河童橋に近く、何かと便利な西糸屋です。
Commented by sikisai03 at 2017-02-16 05:54
理恵さん、おはようございます。
コメント有難うございました。
仰るように上高地はマイカー規制がなされていて夏場しか車では入れません。
ただ冬は工事車両が入りますので途中までは除雪はされていますが、
やはり一般の車は通行することが出来ないので歩いてしか入れません。
釜トンネルから約7kmほど雪道を歩かないと河童橋までは行くことが出来ないのです。
Commented by sikisai03 at 2017-02-16 05:54
ねずままさん、おはようございます。
コメント有難うございました。
河童橋のたもとのテーブルは辛うじて頭を出していました。
でもベンチは埋もれたままでテーブルに座って食事をしている人も居ましたよ。
せっかくの快晴のチャンスだったので写真は撮りまくりましたが、
朝早くの内はバッテリーが認識されず困りました。
大正池でも梓川は見られますが、流れを見ようとすれば中の瀬橋より上流へ行かないと見られませんね。
でも冬の上高地もなかなか良いものだと思いました。
Commented by sikisai03 at 2017-02-16 05:54
ゆーしょーさん、おはようございます。
コメント有難うございました。
最初中の瀬橋からどちらを歩こうか迷いましたが、
太陽が昇る頃だったので光線の関係上左岸を選びました。
結果としてはそれが良く、帰路では少し日が昇ったものの六百山などある程度見ることが出来ました。
西糸屋は近くから撮った写真があるので後日アップしたいと思います。
<<  冬のさんまち散歩 ②  冬のさんまち散歩 ① >>