恒例の二十四日市 ④ 宮笠

 高山市一之宮町に伝わる笠作りも郷土の伝統的な工芸品です。
 檜や一位の材を薄く剥いで編上げた笠は芸術品と言って良いほどの出来栄えで、
 実用的な反面装飾品としても買い求める人が多く、私も蝉の装飾の「蝉付」は以前に買ったものを使わず座敷に飾っています。
 今回は実用品として普段に使える檜笠を買い求めました。
 帽子と違って蒸れずまた軽くて合羽のフードと違い視野も保てることから重宝しそうです。
f0290971_19332441.jpg

f0290971_19333616.jpg

f0290971_19334796.jpg

f0290971_19335810.jpg

f0290971_1934967.jpg

f0290971_19341941.jpg

f0290971_19342989.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-01-31 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(8)
Commented by youshow882hh at 2017-01-31 01:24
こんばんは。ゆーしょーです。
宮笠も伝統工芸品ですね。
これは飾るしかないですね。
和風の部屋に飾ると、よく
似合うでしょうね。
洋室も面白いですね。
Commented by pikorin77jp at 2017-01-31 07:20
この 芸術的な笠 みなさん買われたら 使われるのかな? 美術工芸品として 大切に 飾られるのかな? 
Commented by sikisai03 at 2017-01-31 08:25
ゆーしょーさん、おはようございます。
コメント有難うございました。
このような笠は民具として各地で作られていたと思いますが、
段々廃れて作られなくなったので伝統工芸品となったのでしょう。
3枚目に写っているのは「蝉付」ですが、これは飾りでしょうね。
被るには勿体無いような気がします。
Commented by sikisai03 at 2017-01-31 08:25
pikorin77jpさん、おはようございます。
コメント有難うございました。
蝉付や一位笠は飾りでしょうね。
でも私が買って来たのは皆さん実用的に使ってみえます。
夏の暑い日の農作業や冬の雪下ろしなどにはちょうど良いですよ。
Commented by Konatu_sw at 2017-01-31 11:28
この笠は高山の街でも普通に売っていますか?
ごくシンプル、普段使いの実用的なものでおいくらくらいでしょう?
Commented by sikisai03 at 2017-01-31 16:21
Konatu_swさん、こんにちは。
コメント有難うございました。
最近は竹などを使って編んだ中国製の笠が安く売られていますが、
本物の宮笠は市内の荒物店には置いてあります。
私が買ったのは実用品の大き目の笠で一位も入った模様のあるもので2.800円でした。
もっとシンプルな模様の無いものは2.400円ほどで売っています。
実際に売っている店(通販もあり)のwebページです。
http://tsukamotoya.ocnk.net/product-group/1
Commented by Meri-koenji at 2017-01-31 18:22
sikisaiさんのブログは夕方拝見することが多いので、絶品チャーハンだったらどうしよう(お腹が鳴る!)とドキドキしながら見ました(笑)。伝統工芸品でホッとしました(笑)。
これ冬の雪にもいいでしょうけど、sikisaiさんの仰るように夏の陽射し避けにピッタリな気がします♪飾ってもいいでしょうけど、かぶって歩いている人の風景を観たいから、使ってほしいなぁ(^∇^)
Commented by sikisai03 at 2017-01-31 19:15
Meri-koenjiさん、こんばんは。
コメント有難うございました。
予告!「チャーハンの記事」は明日の予約投稿に入れました。
でも、美味しそうでなかったらどうしよう? (^-^;

夏の陽射し避けると言えば鮎掛けなんかの時が良いですね。
川に入ってる人を見るとこの笠を被っている人が良く居ますよ。
<<  チャーシューチャーハン  手作りチャーシュー >>