手作りチャーシュー

 先日お友達のブログで美味しそうなチャーハンを見たら食べたくなって・・・ 
 即席なら直ぐにでも作って食べられるのですが、急に昔、高山市内にあった新宮中華で食べたチャーシュー入りが頭を過りました。
 そこでチャーシューを作るところから始めようと、豚バラ肉を買って来て自分流+αのレシピで作りました。
f0290971_18394291.jpg

     ↑ 豚バラ肉、約450gです

f0290971_1840022.jpg

     ↑ これを真ん中で半分に切ってタコ糸で縛ります。

f0290971_18401682.jpg

     ↑ 油は使わず熱したフライパンで焼き色を付け旨味を閉じ込めます。

f0290971_18402776.jpg

     ↑ ひたひたの水ににんにく、ショウガ、ネギの緑色の葉の部分を入れ落し蓋をして弱火で1時間半ほど煮ます。
       ちょっと長過ぎるように思われるかも知れませんが、長く煮ることで柔らかくトロトロになります。

f0290971_18403896.jpg

     ↑ その後、煮汁は捨てて新しく水、醤油、砂糖、酒を入れてやはり落し蓋をして約1時間煮ます。

f0290971_18405187.jpg

     ↑ 煮上がったらまたフライパンで焦げ目を付けて煮汁に戻す付け焼き作業を2~3度ほど繰り返し再び煮汁に戻し冷めたら取り出して完成!

f0290971_1841215.jpg

     ↑ 良い照りが付いています。
f0290971_18411469.jpg

     ↑ とても柔らかく仕上がりました。
       さて次回はこれを使ったチャーハンですが、作り次第また記事にします。
[PR]
by sikisai03 | 2017-01-30 00:03 | たかが男の料理 | Comments(8)
Commented at 2017-01-30 06:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Meri-koenji at 2017-01-30 15:27
わ~!!なんて良い色っ!本当にsikisaiさんってスゴいです。5枚目の写真、脂の柔らかさと旨味が画面から溢れちゃってます(笑)。これはお店が出せるレベルですよ~(@_@;)というか、以前も驚きましたがチャーハンを作る前に焼豚から作る方って、そんなにいないと思います。高円寺の福来門より、断然sikisai亭の方が美味しそうだなぁ(笑)
Commented by Blue Wing Olive at 2017-01-30 17:41 x
妻がこのレシピで作ってみると、張り切っております。
Commented by sikisai03 at 2017-01-30 19:56
鍵コメさん、こんばんは。
コメント有難うございました。
先日はメールで色々な情報有難うございました。
そのようなこともあるようですね。

またその場所へは私は結構行きましたよ。
今では無くなってしまったので寂しいです。
Commented by sikisai03 at 2017-01-30 19:56
Meri-koenjiさん、こんばんは。
コメント有難うございました。
チャーハンは昔は明治キンケイのチャーハンの素と言うのがあって、子供の頃はそれがたまらなく美味しかったです。
その後は自分で顆粒の中華味なんかを使って作りますが、やはりチャーシューが入ったのは別格ですね。
まさか、お店の物より美味しいはずはないと思いますが、そう言って頂ければ光栄です。
チャーシューも作ってみれば簡単で結構美味しく作れますよ。
Commented by sikisai03 at 2017-01-30 19:57
Blue Wing Oliveさん、こんばんは。
コメント有難うございました。
普通のチャーシューより手間は掛けていますが、
その分とろりとしたチャーシューが出来ます。
これは冷蔵庫や冷凍庫で保管していても常温に戻せば柔らかいですよ。
Commented by ばんば at 2017-01-30 20:52 x
ウ~~ム!またしてもなまくら主婦にはできそうでないお料理~~
手作りのチャーシューというのは絶対に美味しいですよね~
こんなのが入った炒飯!食べたい~~~
Commented by sikisai03 at 2017-01-31 08:25
ばんばさん、おはようございます。
コメント有難うございました。
このチャーシュー、一見すると手間が掛かってるように見えるでしょう?
でも時間は掛かっていますが案外手間は掛からず作れます。
ただ煮ている途中で様子を見る必要はありますけど・・・
チャーシュー入りのチャーハン、美味しいですよ。
<<  恒例の二十四日市 ④ 宮笠  恒例の二十四日市 ③ 江名子... >>