恒例の二十四日市 ③ 江名子ばんどり

 二十四日市の伝統の工芸品は他にもあり、高山市江名子町に伝わる「ばんどり」もその一つです。
 ここ2年ほど二十四日市で見ることが無くて心配しましたが今年は出店されていました。
 ばんどりとはムササビのことをそう言いますが、稲の藁やしなの木の樹皮などを使って作った蓑のことです。
 これを身に着けた感じがムササビのように見えるところからそう呼ばれています。
 主に農作業や山仕事をする人の雨避けの合羽の代わりとして飛騨では古くから愛用されていましたが、
 最近は着る人も無く廃れつつあります。
 それでもこうして有志によって復活されたことは喜ばしいことです。
f0290971_6452027.jpg

f0290971_6454279.jpg

f0290971_646114.jpg

f0290971_6462249.jpg

f0290971_6463745.jpg

f0290971_6465197.jpg

f0290971_647478.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-01-29 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(6)
Commented by youshow882hh at 2017-01-29 00:41
こんばんは。ゆーしょーです。
時代劇でよく見る蓑のことを
飛騨ではばんどりというのですね。
用途は主に雨避けですね。
私は蓑の実物を見たことがないのです。
Commented by sikisai03 at 2017-01-29 05:08
ゆーしょーさん、おはようございます。
コメント有難うございました。
今ではほとんど見ることが無くなった「蓑笠付けて・・・」の格好・・・
案山子の唄にある姿ですね。
飛騨ではばんどりで通じますよ。
こんなスクスケの状態に見えるのですが雨水がしたたり落ちで案外濡れないものです。
Commented by ねずまま at 2017-01-29 08:45 x
雨 露を防いで 蒸れないといわれていますが
田んぼ仕事は機械。 ビニールハウスでは 雨が
かからない。 バンドりの出番は ほとんどなしの
今ですね。伝統工芸を残すのは 並大抵ではないと
つくづく思いますね。我が町内ですので 応援したいのは
山々ですが 何か手立ては ありますかね。
Commented by Hsrolayqq at 2017-01-29 16:50
こんにちわ
簡単に言えばレインコートですか?
15000円ですか?高いなぁ・・
すべて手作りだから仕方ないかなぁ?
大事に大事に着ないといけないです。
Commented by sikisai03 at 2017-01-29 17:46
ねずままさん、こんばんは。
コメント有難うございました。
昔は私の父親もこれを着て作業していましたから良く知っていますが、
最近ではほとんど着る人が居ませんね。
素材が自然のもので安心なのですが、やはり手作りなので値段の高いのがネックでしょうか・・・
それでも装飾品には良いかも知れませんね。
Commented by sikisai03 at 2017-01-29 17:46
理恵さん、こんばんは。
コメント有難うございました。
藁の芯を一本・一本取り出して丁寧に編み込むので手間は掛かりますね。
一日に何着もは作れないでしょう。
そう考えると安いのですが、雨除けのためだとするとやはり高価ですね。
今は安くて合羽など買うことが出来るので余計でしょうね。

<<  手作りチャーシュー  何時もの風景 (寒中) >>