八重山の思い出 ④ カンムリワシ

 日本の特別天然記念物に指定されているカンムリワシは八重山では案外簡単に見られる鳥です。
 一番探しやすいのは電柱を見て周ることで車で走行中に電柱の先や電線などを注意して行けば留まってるのが確認出来ます。
 幼鳥の頃は羽の色が白っぽく成鳥になると茶色に変化します。
 名前の由来の冠とは頭の冠羽が立ってるとそのように見えるのですが、写真のものは立っていません。
 またワシと名が付いていますがタカ科で、珍しく渡りをしない鳥とされています。
f0290971_5523899.jpg

f0290971_5525543.jpg

f0290971_5531210.jpg

f0290971_553231.jpg

f0290971_5533145.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-01-24 00:03 | 八重山の思い出
<<  恒例の二十四日市 ① 谷松の黒砂糖  岩石 (石英) >>