八重山の思い出 ④ カンムリワシ

 日本の特別天然記念物に指定されているカンムリワシは八重山では案外簡単に見られる鳥です。
 一番探しやすいのは電柱を見て周ることで車で走行中に電柱の先や電線などを注意して行けば留まってるのが確認出来ます。
 幼鳥の頃は羽の色が白っぽく成鳥になると茶色に変化します。
 名前の由来の冠とは頭の冠羽が立ってるとそのように見えるのですが、写真のものは立っていません。
 またワシと名が付いていますがタカ科で、珍しく渡りをしない鳥とされています。
f0290971_5523899.jpg

f0290971_5525543.jpg

f0290971_5531210.jpg

f0290971_553231.jpg

f0290971_5533145.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-01-24 00:03 | 八重山の思い出 | Comments(9)
Commented by youshow882hh at 2017-01-24 00:25
こんばんは。ゆーしょーです。
カンムリワシは、インドやインドネシアなど、暖かいところにいるのですね。
日本では、八重山列島や石垣島、西表島、与那国島に居るのですね。
Commented by youshow882hh at 2017-01-24 00:28
どの鳥でも、電柱などの天辺が好きですね。
カンムリワシは内地には居ないのでしょうかね。
Commented by sikisai03 at 2017-01-24 06:28
ゆーしょーさん、おはようございます。
コメント有難うございました。
カンムリワシは暖地性の鳥で広く東南アジアなどに分布していますが、
沖縄県はその北東限にあたっています。
また渡りをすることも無いので本土では見ることが出来ず、
そのため貴重な鳥として特別天然記念物に指定されているのですね。
鳥が電柱などに止まるのは外敵を発見しやすい場所として選んでいるようです。
Commented by ばんば at 2017-01-24 07:33 x
おはようございます。
よう降りましたねぇ・・・・(>_<)

カンムリワシ!
日本の特別天然記念物なのですか?
てっきり外国の鳥だと思ってました。
二枚目の写真、いい顔してますね~~~
Commented by ねずまま at 2017-01-24 08:24 x
懐かしい11石垣島にいった折必ず そう 電柱を
見ながら 車で 走行しますね。一度だけ 
すごくみじかで 見ることができ 感激して
 写真 撮りまくったことありました。天然記念物と
いっても島の人達は あまり関心を示していません
でしたが。でも ヤマネコの方は 野生でいるのは 
いまだに出会っていません。
Commented by Meri-koenji at 2017-01-24 08:30
楽しませていただいています、八重山シリーズ!
カンムリワシって自然の姿を初めて見ました(^∇^)ありがとうございます。八重山にも交差するくらい電線があるんだ~って、妙なところに感心してしまいました。勝手なイメージですみません(笑)f(^_^;
Commented by sikisai03 at 2017-01-24 17:04
ばんばさん、こんばんは。
コメント有難うございました。
日本には色々な特別天然記念物がありますが、カンムリワシもその一つです。
白っぽい羽の色をしたのは幼鳥ですが親鳥より迫力がありますね。
インドからインドシナ半島にかけて広く分布するので外国の鳥と言えなくも無いですね。

先日ほどでは無かったですが、それでも結構降りましたね。
今日は大屋根の裾だけ雪下ろしをしました。

Commented by sikisai03 at 2017-01-24 17:04
ねずままさん、こんばんは。
コメント有難うございました。
石垣島ですか、この写真の最初の幼鳥は石垣島の真栄里で撮ったものです。
ちょうどヤエヤマコウモリを撮っていたら近くに居ました。
ヤマネコは私も何度も挑戦しましたがまだ写真に収めることが出来ません。
夜行性なのと元々数が少ないので難しいですね。
Commented by sikisai03 at 2017-01-24 17:05
Meri-koenjiさん、こんばんは。
コメント有難うございました。
昔の八重山(特に西表)はまだ未開の地も多く電柱や電線など珍しい位でした。
本当に何もない島で、それだから探検気分で面白かったです。
特にアメリカ領だった頃は秘境の感じもしましたね。
<<  恒例の二十四日市 ① 谷松の黒砂糖  岩石 (石英) >>