湯神様

 時々通る道に「湯神様」と書いた標識があります。
 気になっていたのでその場所へ降りてみたら祠があり、中に仏さまが祀ってあります。
 でも由来などを書いた看板も無く、詳しく知ることが出来ません。
 「家に帰ってネットで調べれば何か分るかも?」と思い写真だけ撮って来ました。
 しかし検索しても何もヒットせず、分からないまま記事にすることになってしまいました。
 この辺りは別に温泉が出る訳でも無いので「湯」とは何ぞやですね。
 (今後判りましたら追記することと致しましょう)
f0290971_1513688.jpg

f0290971_1515150.jpg

f0290971_152275.jpg


[PR]
by sikisai03 | 2017-01-04 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(8)
Commented by youshow882hh at 2017-01-04 01:04
こんばんは。ゆーしょーです。
「湯神様」 の標識があれば露天風呂があるのかと
期待しましたが、湯らしい湯は何もないのですね。
こういうところに何故「湯神様」 の祠があるのかと
私も疑問に思います。
Commented by sikisai03 at 2017-01-04 05:49
ゆーしょーさん、おはようございます。
温泉場でも無いのに湯神様とは?ですね。
今でこそ深く掘れば温泉が出る高山市内ですが、
昔から温泉場とは縁の遠い所でした。

Commented by Blue Wing Olive at 2017-01-04 08:03 x
物知りの鉄砲玉さんもそのいわれをご存知ないとなると、これは大きな謎ですね。
Commented by sikisai03 at 2017-01-04 17:19
Blue Wing Oliveさん、こんばんは。
最初の写真の標識は荏名古(江名子)史跡保存会で建立されたものです。
その会を訪ねたらきっと判ると思いますので何時か聞いてみたいですね。
判明したらまたブログの記事にしたいと思います。
Commented by Meri-koenji at 2017-01-04 22:30
こういう謎の神様(道祖神?)が祀ってあるのも、八百万の日本らしくていいですね。飛騨高山は歴史がありますし、地元の史料に載っているかもしれないですね♪sikisaiさんの調査を楽しみにしています!
Commented by sikisai03 at 2017-01-05 05:56
Meri-koenjiさん、こんばんは。
郷土の歴史は良く研究され市の郷土館などに残ってるのでその中にあるかも知れません。
ちょっとマイナーな史跡のようであまり知られていないのがかえって興味が沸きますね。
Commented by ねずまま at 2017-01-05 06:54 x
我が町内なんですね。 でも 気が付いて居ません。
もう1か所 町内に 家回り五輪塔という立札があります。これも長年 いったい何もんかと 気になっています。
今度 歴史に詳しい人に 聞いてみます。が そんな人
周りにみえるかしら?
Commented by sikisai03 at 2017-01-05 17:24
ねずままさん、こんばんは。
この辺りは子供の頃の私の遊んだ所ですが当時は標識は無かったです。
でもこの祠は良く覚えています。
田中大秀翁の墓や縄文式土器の出土など謂れの多い所ですね。
荏名古史跡保存会の人であればご存知ではないかと思います。
<<  何時もの風景 (2017年新春)  牡蠣雑煮 >>