ウドの味噌漬け

 正月用のウドの味噌漬けを作りました。
 今年の5月に採って来たウドを塩漬けにして保存していましたが、それを塩抜きして改めて飛騨のこうじ味噌に漬けました。
 昔は漬物桶に塩漬けしたものですが今はペットボトルと言う便利なものがあるのでそれを使用します。
 飽和食塩水に浸しておけば軽く一年位は保存が可能です。
 使う時に水に漬けて何度か水を替えて塩抜きし、味噌とみりん、酒、砂糖などを混ぜてその中に漬けておきます。
 2~3日で食べられます。
f0290971_21241097.jpg

f0290971_21242345.jpg

f0290971_21243521.jpg

f0290971_19521582.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-12-29 00:03 | たかが男の料理 | Comments(6)
Commented by Konatu_sw at 2016-12-29 11:51
飽和食塩水、そうなんですか?
ところで東北地方でいう「さく」ってご存知ですか?
うどに似た食感ですが、これも保存できますか?
Commented by sikisai03 at 2016-12-29 17:20
Konatu_swさん、こんばんは。
「さく」と言う山菜は東北では食べられていますが、
他の地方ではあまり利用されていないようで図鑑にも載っていないことが多いです。
シシウドの仲間でアマニュウやエゾニュウのことで、若いうちの茎が柔らかい時が食べ頃です。
もちろん同じように塩漬け出来ますよ。
Commented by Meri-koenji at 2016-12-29 17:35
太くて立派なウドですね。皮ごと漬けてあるのでしょうか?食感を楽しむお漬物なのかなと思いますが、ずいぶん保存がききますね。味噌漬けが美味しそうです♪
Commented by sikisai03 at 2016-12-29 18:27
Meri-koenjiさん、こんばんは。
太いのは皮が硬いので一部は剥いてあります。
でもあまり柔らかいとウド本来の食感が薄れますのでその辺は適当です。
味噌に漬けると醤油とは違った深みのある味になります。
「味噌の魔法」とでも言いましょうか・・・(^-^)
Commented by youshow882hh at 2016-12-29 21:42
こんばんは。ゆーしょーです。
26パーセントもの飽和食塩水へ漬けておけば
すごく辛くなると思うのですが。
勿論食べるときは、充分塩抜きをするのでしょうね。
そして味噌とみりん、酒、砂糖などを混ぜた中に
漬けておけば美味しく食べられるのですね。
Commented by sikisai03 at 2016-12-30 06:02
ゆーしょーさん、おはようございます。
何故飽和食塩水かと言うと雑菌が入らないためにですが、
1ℓの水に260gの塩だとかなり辛いです。
後で漬ける味噌にも塩分がありますので、
塩漬けの塩分はすべて抜くくらいに塩出しします。
<<  和歌山むき  コガタスズメバチの巣 >>