丸鶏の燻製 後半

 ソミュール液に浸して2日、湯煎した後に乾燥させて燻すので3日以上を要する鶏の燻製、
 簡単に作る方法もありますが、やはり丁寧に時間をかけると美味しくなります。
 今回は燻製作りの後半です。 
f0290971_8122658.jpg

     ↑ 湯煎した鶏肉は日陰の風通しの良い所に吊るして丸一日乾かします。

f0290971_17351719.jpg

     ↑ そしていよいよ燻煙に掛けます。今回は桜のチップを使いました。

f0290971_841548.jpg

     ↑ 70℃で約1時間ほど燻して出来上がり。
[PR]
by sikisai03 | 2016-12-22 00:03 | たかが男の料理 | Comments(8)
Commented by pikorin77jp at 2016-12-22 01:13
前回から 拝見していますが 
写真でけでも 凄く迫力ありますね。
燻製は桜のチップがいいと よくききます。さぞ 美味しいでしょうね。以前 豚の燻製をいただいたことがあります。
もう 届いた時から 香りがすごくよくて とても美味しかったです。
Commented by youshow882hh at 2016-12-22 01:16
こんばんは。ゆーしょーです。
燻製の味を左右するソミュール液なのですね。
といってもソミュール液を見たことがないのですが。
70℃で約1時間ほど燻せば出来上がるのですね。
美味しく出来たと思います。
Commented by sikisai03 at 2016-12-22 05:47
pikorin77jpさん、おはようございます。
燻製に使うチップはサクラの他、ナラ類やクルミなどが人気です。
桜は甘味を感じる香りなので肉類には良いですね。
豚肉の燻製も味付けしたハムとは違って、実際に煙で燻すので香りが良いですね。
私もこの後作ろうと、現在皮付きの豚のバラ肉が冷凍庫で待機中です。
Commented by sikisai03 at 2016-12-22 05:47
ゆーしょーさん、おはようございます。
ソミュール液、簡単に言えば香辛料の入った塩水のことで自分で作ります。
今回のように塩抜きしない場合は塩分を4%程にして、
コショウや生姜、ローレル、ロズマリーなど好みで混ぜます。
後は軽く熱を加え、干して燻すだけです。
簡単な装置はホームセンターなどで売ってるのでそのキットで充分です。
時間があれば作ってみられてはいかがでしょう?

Commented by ばんば at 2016-12-22 20:51 x
う~~わぁ~~~!
美味しそう!
こんな手間暇かけたものをXmasにもご馳走してくれる旦那様なんてそう~~~は!いないですよね~~~
羨ましいったらありゃしない~~
家は今年もスーパーの骨付きモモ肉になりそう・・・
Commented by 1944-suzu at 2016-12-22 21:04
仕込から見せてもらっていますが
姿がね~、、でも食べるの好きなのです(笑)
勿論作れませんが、美味しいでしょうね。
クリスマス料理ですか、
我が家はケーキだけ食べますよ(*^_^*)
Commented by sikisai03 at 2016-12-23 05:26
ばんばさん、おはようございます。
燻製は男の料理と言う感じでしょうかね。
女性でももちろん作られる人はいますが男の方が多いような気がします。
丸鶏一羽は小人数では多いような気がするので骨付きもも肉でも良いのですが、
豪勢に見えるのと日持ちするから良いですよ。
Commented by sikisai03 at 2016-12-23 05:26
1944-suzuさん、おはようございます。
丸鶏のローストや燻製はワイルドな感じでしょう?
アメリカの七面鳥一羽とは行きませんが、祭り文化の一端ですね。
自分で香辛料など調合するので好きな味付けが出来ます。
特に塩分濃度は人それぞれで好みが違いますね。

我が家では逆にケーキを食べなくなりました (#^^#)
<<  クリスマス・リース  何時もの風景 (夕映えの乗鞍) >>