干鱈で作る鱈豆腐

 鱈と豆腐を合わせた「たら豆腐」と言う鍋物があります。
 普通は生の鱈を使うのですが、今回は塩干しの干鱈を使って作りました。
 干鱈は一晩水に漬けて塩抜きします。
 その水は捨てない様にして煮る時に使います。
 軽く鱈を煮たら小骨などを取り、適当な大きさに千切っておきます。
 後は土鍋に戻した煮汁を入れ、豆腐、水菜を入れて炊くだけです。
 調味料は戻し汁だけで良いと思いますが、コクを出すのに足りなかったら顆粒出しを加えても良いです。
 塩味でサッパリとした美味しい鍋になりました。 
 ※ 戻し汁がしょっぱい場合は加減をして入れて下さい。
f0290971_18123683.jpg

f0290971_1812484.jpg

f0290971_18125990.jpg

f0290971_18163794.jpg

f0290971_18164933.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-12-18 00:03 | たかが男の料理 | Comments(6)
Commented by Blue Wing Olive at 2016-12-18 08:44 x
干たらですか。久しく食べていませんが、あの旨味は舌が憶えています。
たらの味と塩味が豆腐と良く合いそうです。
Commented by sikisai03 at 2016-12-18 17:15
Blue Wing Oliveさん、こんばんは。
たらと言う魚はご存知のように脂肪分の極めて少ない魚なのでそれだけでもあっさりしていますが、
加えて塩味なのでくどく無く深い味がします。
豆腐と合わせるのも良いですね。
最近こうした居酒屋風の肴に凝っています。(#^^#)
Commented by ばんば at 2016-12-18 21:02 x
干し鱈と豆腐でお鍋!
眼からうろこの料理ですね~~~
干し鱈は亡くなった爺様の大好物でよく買いました。
塩気がきついとお茶に浸して・・・なんと、あとでそのお茶まで飲んでいたという・・・
なんのために浸したのか?な爺様でありました(>_<)
最近は塩気も少し緩んだような気も・・・
Commented by youshow882hh at 2016-12-19 00:34
こんばんは。ゆーしょーです。
奇しくもわが家も二日続きのタラ鍋です。
例によりタラと鮭へ焼き豆腐、生シイタケ、
白菜、うどんなどを、沸騰した
「〆まで美味しい寄せ鍋つゆ」 の中へ入れます。
最後はタマゴとご飯、刻み海苔で雑炊です。
Commented by sikisai03 at 2016-12-19 04:54
ばんばさん、おはようございます。
昔は保存を良くするため塩漬けにした魚が多かったですね。
モウカサメやイワシ、イカなども今より塩辛かったです。
私の祖父も同じようなもので、塩出ししたお湯を勿体無いと飲んでいました。
結局体内に入る塩分量は同じなのですよね(笑)
最近はこの干たらですら塩味が薄くなり、短時間で塩分が抜けます。
摂り過ぎを嫌う風潮ですね。
Commented by sikisai03 at 2016-12-19 04:54
ゆーしょーさん、おはようございます。
鍋には色々な魚や肉がメインで入りますが、
あまりコッテリしたものは年寄りには向きません。
あっさりとしたタラなんかの方が良いですね。
〆に雑炊だと無駄なく二度楽しめますね。
我が家ではご飯を食べながら鍋を突っつくのでおじやにすることは滅多にありません。
勿体無いことをしていますね。
<<  飛騨の松飾り  花餅 >>