安峰山からの眺め

 飛騨市古川町にある安峰山へは車道が山頂まで延びており手軽に登れる山です。
 眼下には古川の町が、正面には猪臥山、そして左手には乗鞍岳や御嶽山が望めます。
 最近、映画「君の名は」の聖地巡礼で訪れる人も多いようで雑記帳に色々記されていました。
f0290971_852142.jpg

f0290971_85214100.jpg

f0290971_8522637.jpg

f0290971_8523786.jpg

f0290971_8532796.jpg

f0290971_8533871.jpg

f0290971_8535013.jpg

 ※ 動画もありますからMoreにてご覧下さい。




[PR]
by sikisai03 | 2016-12-13 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(10)
Commented by youshow882hh at 2016-12-13 01:26
こんばんは。ゆーしょーです。
安峰山の見晴台から古川の町を見下ろすことが出来るのですね。
乗鞍岳や御嶽山も見え、すばらしい眺めですね。
頂上まで車で登れるとはありがたいです。
結構高いのでしょう?
Commented by sikisai03 at 2016-12-13 06:56
ゆーしょーさん、おはようございます。
この日は雲海が見られませんでしたがビュースポットでもあります。
また他の飛騨山脈の山々も望むことが出来ますよ。
眼下の古川の町が標高500m余りで、安峰山は1000m少しなので、
標高差は500mほどです。
Commented by ばんば at 2016-12-13 07:12 x
おはようございます。
記事にはしていないんですが、朝霧を見に行ってきました。
今年はこちら側からは工事で通行止めで、大きく回らないといけなくて時間がかかりました(>_<)
来年は通行できるようなのでもっと手軽に行けそうですが・・・
紅葉とか朝霧とか・・・いい時期になると工事始まるんですよねぇ・・・・
Commented by ねずまま at 2016-12-13 08:46 x
今年5月に 登りました。見晴らし台からの
景色は いいですね。
 
下のお墓の駐車場に車を置いて 通常てくてく
上ります。一昨年は 3月の積雪時に登り 
ひーひー言いました。標高差500mは
私には ちょっときつくなりました。
来年は 雲海の見えそうなときに
車で 上がりたいと思います。
その折には 車道のは入り口おたずねしますので
教えてください。
Commented by Konatu_sw at 2016-12-13 12:18
実際の景色が「絵」になるロケハン。
見出すセンス、感性が素晴らしいですね。
Commented by sikisai03 at 2016-12-13 16:34
ばんばさん、こんにちは。
今年も雲海の写真を撮って来られたのですね。
是非、記事にして見せて下さい。
私も何時か・・・と思いながらなかなか実現しません。
峠からの林道の舗装工事も終わってどちらからでも行けるようになりましたよ。
ただ、下からだと猪除けのフェンスを開けたり閉めたりしなければなりませんが・・・
Commented by sikisai03 at 2016-12-13 16:35
ねずままさん、こんにちは。
5月に登られた時の記事は拝見しました。
私は何時も車で行くのですが、麓から歩くと結構大変でしょうね。
雲海はやはり秋の放射冷却の朝が良さそうですが、タイミングが難しいですね。
神原峠からの林道も舗装工事が終わったようで先日は通ることが出来ました。
また行かれる時があればご連絡下さい。
Commented by sikisai03 at 2016-12-13 16:36
Konatu_swさん、こんにちは。
Konatu_swさんにそのようにお褒め頂くと嬉しいやら恥ずかしいやら・・・
ただ手当たり次第に撮ってる写真なので「まぐれ」でしょう。 (笑)
Commented by Meri-koenji at 2016-12-13 23:12
2枚目、菩薩堂の屋根にいるのはお獅子ですか?一瞬、本物の猫かと思ってしまいました(笑)。雲海が見事ですねぇ!まさに下界を眺めるが如しですね(^∇^)
Commented by sikisai03 at 2016-12-14 06:06
Meri-koenjiさん、おはようございます。
屋根に飾ってあるのは狛犬か唐獅子?と思い、アップで見てみました。
角が無く口は閉じているように見えるので「疑問?」ですね~
唐獅子は口が開いていて角が無く、狛犬は口が閉じていて角があるのですが・・・
最近は神社にあるのもどちらとも判らなくなっていますね。

見下ろした下界は天守閣の殿様気分です。(^^♪
<<  鯛のあら炊き  豚丼 >>