冬の奥能登の風景

 「能登は優しや土までも」と言われますが、特に冬のこの時期に訪れると余計にそう感じます。
 きっと冬の厳しさがあるから優しくなれるのだろうと思いますが、それにしても土が似合う所です。
 今日は奥能登の風景を何枚か載せたいと思います。
f0290971_13141053.jpg

f0290971_1314319.jpg

f0290971_13144395.jpg

f0290971_13145515.jpg

f0290971_1315849.jpg

f0290971_13175223.jpg

f0290971_13153768.jpg

f0290971_13154871.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-12-09 00:03 | 小さな旅 | Comments(6)
Commented by youshow882hh at 2016-12-09 15:45
こんにちは。ゆーしょーです。
1枚目の風景はいいですね。
このような風景、大好きです。
稲藁などで作った屋根がいいです。
和歌山では見られない情景です。
Commented by sikisai03 at 2016-12-09 16:31
ゆーしょーさん、こんにちは。
大根を干してあるハサの屋根はきっと稲を干していたのでしょう。
たくあん用の大根も濡れると困るのでそのまま使ってるのだと思います。
こちらでは天日干しの稲の覆いはビニールを使うので同じくこのような風景は見られません。
鄙びた感じで気持ちが和みますね。
Commented by Hsrolayqq at 2016-12-09 22:05
こんばんわ
大根はたくあんにするんでしょうか?上にかけた藁は雪とか寒さから大根を守るんですか?
同じ海でも南房総とは違います。夏と冬では印象が違うんでしょうか?
Commented by ばんば at 2016-12-09 22:49 x
何年か前まで、年に一回は能登を含む北陸にいっていたっけ・・・
今年こそ連れて行くように!といっていたのに(!)
やっぱ連れてってもらえなかった・・・
Commented by sikisai03 at 2016-12-10 05:38
理恵さん、おはようございます。
たぶんたくあん用の大根だと思います。
濡らさないように屋根を作ってあるのですが変わった屋根ですね。
私は房総も何度か行っていますが、やはり能登との違いはありますね。
気候風土の違いでしょうか・・・
Commented by sikisai03 at 2016-12-10 05:38
ばんばさん、おはようございます。
雪が積もると北の方は厄介のなのでそれまでに行きたいですね。
私は年に数回行っていますが、毎年新しい発見もあります。
来年は是非連れて行ってもらえると良いですね。
今から口を酸っぱくしてせがんでみては?(笑)
<<  アカヤガラの刺身  ”まれ”の田んぼ >>