マハタの水炊きと薄造り

 ハタの仲間で一番美味しいとも言われるマハタ。
 最近鍋が続いているのですがこんなのが出て来ると鍋にしたいですね~
 という訳で購入して捌いてみたら鰓の色が凄くきれいで、思ったより新鮮だったので刺身も食べたいと・・・
 結局両方調理することにしました。
 ハタは鱗がヤスリのように細かく硬いので普通は包丁で薄く皮を剥ぐのですが、何とか鱗取でOK。
 三枚に下して薄造りと、水炊きにそれぞれ切り分けました。 
 脂も乗っていて最高に美味しかったです。
f0290971_8594740.jpg

f0290971_8595913.jpg

f0290971_934335.jpg

f0290971_1702660.jpg

f0290971_1703943.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-12-01 00:03 | たかが男の料理 | Comments(6)
Commented by youshow882hh at 2016-12-01 00:36
こんばんは。ゆーしょーです。
マハタを上手に料理しましたね。
美味しそうな刺身と水炊きです。
わが家も昨夜は鍋料理で、鮭とタラの切り身に
後は写真と同じような食材を入れ、寄せ鍋にしました。
鍋には二人とも好きなうどんを必ず入れます。
Commented by ねずまま at 2016-12-01 08:44 x
包丁を使えるということは お料理のレパートリー
広がる上に グルメを 自宅で 味わえるという
幸せな 家族の食卓ですね。はた 料理したことないです。
@750円で お刺身と 鍋が なんとお値打ち。
鍋利用の野菜が 少し安くなってきて 我が家でも 鍋と
湯豆腐が 多くなってきました。
Commented by sikisai03 at 2016-12-01 18:09
ゆーしょーさん、こんばんは。
この季節になると鍋物が多くなりますね。
残った汁はうどんにも雑炊にも良いです。
鮭と鱈であれば両方の味が合わさって二倍に美味しいですね。
身体が温まるのが何より嬉しいです。
Commented by sikisai03 at 2016-12-01 18:10
ねずままさん、こんばんは。
魚を捌くにはちょっとしたコツが要りますが慣れると案外簡単なものです。
スーパーへ行くと時々値打ちな魚に出会うこともあり、
そんな時は迷わず購入出来ますよ。
今日は能登から帰って来ましたが、また新鮮な魚を買って来ました。
しばらく魚料理が続きそうです (#^^#)
Commented by Meri-koenji at 2016-12-02 14:43
最初のハタ全貌が2枚並ぶあたり、sikisaiさんが姿をよくご覧になっている様子がわかります。きっと捌く前に、サイズや身の着きかたなど、しっかりチェックなさっているんだろうなと思いました。だからこそ、こういう美しいお刺身に捌くことができるのでしょうね。
Commented by sikisai03 at 2016-12-02 17:22
Meri-koenjiさん、こんばんは。
同じような写真を3枚並べましたが最初のは大きさを、
2枚目は実際の全体像を・・・そして3枚目は鱗を取った後です。
確かにこの作業で仕上がりを想像することはありますね。
このハタは期待を裏切ることなく美味しかったです。(^-^)

<<  柿の木のある風景 2016年  材木の集材風景 >>