干し柿作り

 今年もまた干し柿作りの季節になりました。
 毎年頂く所から今年も干し柿用の渋柿を頂きました。
 早速皮を剥いて熱湯に潜らせて干しました。
 他の地方に比べ飛騨の冬は天気の悪い日が続くので、保存用に乾燥させる作業には適さないのですが、
 3週間から一ヶ月後位には美味しい干し柿となってくれるでしょう。
f0290971_948399.jpg

f0290971_9485212.jpg

f0290971_949319.jpg

f0290971_9491222.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-11-07 00:03 | たかが男の料理 | Comments(10)
Commented by youshow882hh at 2016-11-07 01:07
こんばんは。ゆーしょーです。
形からすれば甘がきのように見えますが、渋柿なのですね。
今は柿の皮を機械で剥いてますが、これだけの柿を手で
剥いたのですね。
和歌山と違いよく冷えますから、美味しい吊るし柿が出来るでしょう。
Commented by sikisai03 at 2016-11-07 06:36
ゆーしょーさん、おはようございます。
最近干し柿にする柿は蜂屋柿や富士柿などのような縦長の物が多いですが、
富有柿のような平べったい形をした渋柿もあります。
実際皮を剥いた時に茶色の斑点が無く明るい黄色であれば渋柿ですね。

30個ほどの家庭用では機械は導入出来ませんので手で剥きましたが面倒でも楽しい作業ですよ。
冷たい風でより甘くなってくれると嬉しいのですが、雨が降らないことを願いたいですね。
Commented by ばんば at 2016-11-07 10:26 x
おはようございます~
干し柿、少し柔らかめが好きでございます~~~
昨年、いつものようにオッサンが自分で皮を剥き、干してモミモミした干し柿・・・すべて持ち去られたので今年はもうつくらないんだろうと思ってたら、入院中に干してありましたで~~(ばんばも予約投稿で記事にしておりまする)
Commented by sikisai03 at 2016-11-07 16:03
ばんばさん、こんにちは。
そうでしたね、昨年は干し柿泥棒に盗まれたのでしたね。
人が干した柿を盗むなんてどう言う根性かと思いますがひょっとしたらサル?、
今年は盗まれない様に策を講じないといけませんね。
でも四六時中見張ってる訳にも行かないですよね。
Commented by Hsrolayqq at 2016-11-07 17:34
こんばんわ
飛騨は盆地だから寒暖の差が大きいからおいしい干し柿ができると思います。いいなぁ?
こちらは作る家もあるけどうまくはいかないようです。
漬物もそうです。
Commented by sikisai03 at 2016-11-07 18:06
理恵さん、こんばんは。
そうなんです、高山市は盆地なので夏暑く、冬寒い土地柄です。
そのため野菜や果物は甘味が増して美味しいです。
漬物を漬けるにも適していますね。
干し柿も天気さえ良ければ肴の干物の様に早く干せて美味しくなると思いますが、
そうでも無いのですか?
漬物・・・今月の下旬に漬ける予定です。
Commented by Meri-koenji at 2016-11-07 21:53
お見事の一言に尽きますね。剥きかたも吊るしかたも美しくて、一流のアートです☆☆☆そして完成に1ヶ月もかかるとはビックリしました。軽々しく食べていた干し柿の見方が変わりました(笑)。とても手間のかかる贅沢なオヤツだったのですね。それにしても大きくて綺麗で、本当に美味しそう~(>▽<)
Commented by sikisai03 at 2016-11-08 04:23
Meri-koenjiさん、おはようございます。
有難うございます、何個か皮を剥いているうちにコツを覚えました。(*^^)v
干し柿って買うと高いですよね。
でも干している間に何度も手もみをしなければならないので頷けます。
飛騨では夜間に気温が下がるのでその温度差が甘さを引き出すようです。
美味しい干し柿に仕上がるかな?
Commented by pikorin77jp at 2016-11-08 08:57
sikisaiさん なんでも器用にされるんですね。
干し柿も好きですが 干してあるところも とても風情があって好きです。美味しい干し柿になりますね。
Commented by sikisai03 at 2016-11-08 21:43
pikorin77jpさん、こんばんは。
干し柿がある風景って情緒がありますね。
弱々しい初冬の日差しに美しい柿は日本らい眺めですね。
pikorinさんは作られないのでしょうか?

<<  2016年のキノコ狩り サン...  シモフリシメジのうどん >>