2016年秋の高山祭り 5  (宵祭り 屋台の曳き別れ)

 露払い役の獅子舞が終わるといよいよ屋台が動き出します。
 安川通りに並んだ11台の祭り屋台には提灯が飾り付けられています。
 文衛門坂下の交差点から下一之町を下って各々の屋台蔵へと帰って行く曳別れのクライマックスです。
 動画では11台の屋台全部がこの場所で方向転換をする映像を収めましたので是非ご覧下さい。
 ※ 尚、動画はMoreからお入り下さい。 
f0290971_20464837.jpg

f0290971_20473797.jpg

f0290971_2056427.jpg

f0290971_2057184.jpg

f0290971_20581152.jpg

f0290971_20585296.jpg

f0290971_20594769.jpg

f0290971_21027100.jpg














[PR]
by sikisai03 | 2016-10-13 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(8)
Commented by ばんば at 2016-10-13 09:02 x
おはようございます~
最近やたら忙しくてなかなかパソコン開ける時間がとれず、今久しぶりにじっくりと拝見~~
そうか・・・午後からは雨が上がったんですね~~
今年は高山まつりは当てましたね。
夜祭を見たのはもう半世紀近くも前になるかもしれない…
おっと!年がばれる~(^O^)
Commented by honokanikaorujp at 2016-10-13 10:36
お早う御座います
高山まつり 昨年もこちらで拝見してもう一年になるのですね~
やっぱり荘厳な感じは流石だな~って思いました
それと夜でもボケずにブレずに羨ましい程の画像です
やっぱり三脚は必須ですか? まさか手持ち?
豪華さと粛々さが直に伝わって参ります。
まつりとキノコの記事を交互に見させて頂きましたよ
そうそう動画も^0^
また キノコのお料理も載せて下さいね。
Commented by Meri-koenji at 2016-10-13 11:07
かな高さがありますね!そして雄壮というより、やはり品格があって静かな印象を受けます。お御輿に限らず神事は古来からのことですし、現代の急な考えで、男女同権の考え方を持ち込まない方がいいと思っています。差別じゃなくて伝統風習ですから。私は女ですけどね(笑)
それはともかく、灯りで一層お神輿が美しいですね(^∇^)
Commented by satuki1414 at 2016-10-13 15:46
日本伝統文化を脈々と続け守っていて 荘厳な感じを見てみたい気持ちになりました
神輿やそれぞれの美術に惹かれます 守ってきたことこれからも守る行事 続いて欲しいですね 
Commented by sikisai03 at 2016-10-13 17:01
ばんばさん、こんばんは。
季節の変わり目でこれから寒い時期を迎えようとすると何かと気忙しいですね。
9日の朝まで大雨でしたが予報の通りその後は雨の心配が無かったです。
それと日曜、祭日と重なったので祭り見物には25万2千人もの人出だったようです。
特に9日は15万人以上で近年では最高だったとか・・・どおりで混んだはずです。
夜祭もブログをやってなかったら私も卒業ですが・・・(笑)
Commented by sikisai03 at 2016-10-13 17:01
李音さん、こんばんは。
秋の祭りからは一年、春の祭りからは半年です。
本当にあっという間に祭りがやって来ます。
夜の写真やビデオの撮影はブレないかと気を遣います。
まったく三脚を使わないので息を止めてシャッターを押していますよ。(~_~;)
お蔭で長い動画では酸欠になってしまいます(笑)
キノコの話題ももう少し・・・それとキノコの料理もまだありますよ。
Commented by sikisai03 at 2016-10-13 17:01
Meri-koenjiさん、こんばんは。
これで最上段の屋根は低く下げてあるのです。
町内を曳く時に民家の屋根や電線などに当たらない様にするためです。
便宜上で風習を変えてしまうことには私もkoenjiさんと同感です。
その時逃れにしなくても頑固に守られて良いと思います。
昔の女性は祭り行列に参加しなくても、お客の呼び引きのために、
料理を作るのに大忙しでした。
それがまた主婦の楽しみでもあった訳です。

Commented by sikisai03 at 2016-10-13 17:01
satuki1414さん、こんばんは。
北海道が近ければ是非一度実際にご覧頂きたい祭りです。
皆さん昼間のからくりや夜の曳別れなど感激して帰られます。
この屋台が造られたのは江戸時代のこと、それが今に、そして未来へと引き継がれて行きます。
我々はその通過点に居るに過ぎないですが、どうか何時までも守ってほしいですね。
<<  2016年秋の高山祭り 6 ...  2016年秋の高山祭り 4 ... >>