2016年のキノコ狩り ショウゲンジ

 ショウゲンジはお寺の名前のようで覚えやすいですが、これは和名・・・
 地方名は飛騨では「太鼓の撥」信州では「虚無僧」などと呼びます。
 どれも「体は名を表す」と言うことで的を得た呼び名と思います。
 もちろん安全な食茸で煮物、鍋物など何にでも合います。
 これも一本出る所にはたくさん群生するので嬉しいキノコです。
 開くとテングタケのようにツバが見えますが、壺はありません。
 茎も太くしっかりしているのが特徴です。
f0290971_16393059.jpg

f0290971_16394369.jpg

f0290971_16395471.jpg

f0290971_1640660.jpg

f0290971_16401867.jpg

f0290971_16403366.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-10-08 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(12)
Commented by 1944-suzu at 2016-10-08 07:28
色んなキノコ興味深く見せてもらっています。
とうとうデザートにまでなりましたね(*^_^*)

此方のキノコと云えば椎茸、もちろん栽培されたものですが一年中出回るので生も良く使いますが、デザートに考えたことはないですよ(笑)

阿蘇の噴火、ご心配ありがとうございました。
Commented by pikorin77jp at 2016-10-08 09:55
このキノコも たしか見たような気がします。
でも 同じようなキノコがあるので 素人には見わけがつきにくいですね。 本当は採って帰りたいのですが。。。
Commented by honokanikaorujp at 2016-10-08 13:46
「太鼓の撥」バチと読みますか?
開いたらシイタケ 小さい時はマッシュルームみたいですね~
このキノコは見ただけでも美味しそうに見えます。
今年は松茸が豊作だと聞きましたが
鉄砲玉さんのテリトリーでは松茸採れますか?
昨日 《変わり松茸の土瓶蒸し》てのを食べましたが
どこがどう変わってるのか意味不明でした(笑)
でも美味しかったです^0^
Commented by sikisai03 at 2016-10-08 14:42
1944-suzuさん、こんにちは。
秋は色々なキノコが出て来るので楽しい季節です。
食べられるキノコあり、毒キノコありですが、ほとんどは食べないものが多く、
キノコ検索の一助になればと思い記事にしています。
食べられるキノコの活用も色々ですが、デザートはあまり無いですね。

九州は美味しい椎茸の産地が多く、特にどんこは高価です。
生はこちらには来ませんが焼き椎茸にすると美味しいですね。

阿蘇山の噴火はビックリしました。
地下のマグマも地震の影響があったのでしょうかね。
Commented by sikisai03 at 2016-10-08 14:43
pikorin77jpさん、こんにちは。
このショウゲンジも普通に山に出るキノコです。
麓より尾根近くに出て、まとまって生えますよ。
柄の首にマフラーをしたようなツバがあり、
傘の表面の縁に放射状の筋が見られたらこのキノコです。
来年は図鑑をもってキノコ狩りに行かれることをお勧めします。

Commented by sikisai03 at 2016-10-08 14:43
李音さん、こんにちは。
そうです「撥」は和太鼓のバチです。
丸くて長い棒の先端に綿を入れた布で膨らませてありますよね。
それがこのキノコの出初めの傘の形に似ているからです。
松茸はこちらでもたくさん採れているようで、今朝も産直にたくさん並んでいました。
松茸の出る山と他のキノコが出る山とは違い、
私は舞茸やなめこなどを採る方が好きなので松茸にはチャレンジしません。
朝早く人目を気にしながらのキノコ狩りはどうも好きではないのです。
《変わり松茸の土瓶蒸し》はどこが変わってるのでしょうね?
まさか松茸が違うとか・・・(#^^#)

Commented by youshow882hh at 2016-10-08 21:31
こんばんは。ゆーしょーです。
日本国内では、北海道から九州にかけて
普通にみられるキノコなのですね。
「正源寺」 とはお寺そのものですね。
珍しい名前のキノコです。
Commented by ばんば at 2016-10-08 22:34 x
タイコノバチ!
これだったら知ってます~~
って、産直市場で見て知ってる、といったくらいですが~(>_<)
Commented by sikisai03 at 2016-10-09 06:28
ゆーしょーさん、おはようございます。
ショウゲンジとは長野県伊那地方の呼び方がそのまま和名になっていますが、
何でも正源寺のお坊さんが初めて食べて安全であると広めたと言うことから付けられたらしいです。
お寺の名前のキノコは珍しいですね。
Commented by sikisai03 at 2016-10-09 06:29
ばんばさん、おはようございます。
見た目もしっかりしたキノコなので覚えやすいですね。
産直で時々目にしていれば山にあっても判ります。
松のある山に多いですから、ついでに松茸も覚えておきましょう(笑)

Commented by ねずまま at 2016-10-09 08:39 x
今年はもうコケ採りは 無理と思っていましたが
先日 若者が ついて行ってくれるというので
長年 太鼓のばちをとっていた山に行きました。
勘は あたり そこそこ採れ うれしかったです。
何よりも このコケは 美しく すぽっと 抜ける
時の 快感。そして おっしゃるように 癖のない
きのこで どんな料理にも 合うという。
それに決して 他のコケと間違うことのない 姿。
私の中では 特急品です。
Commented by sikisai03 at 2016-10-09 17:00
ねずままさん、こんばんは。
今年のタイコノバチは一度に出て雨に当たって直ぐに腐ってしまいました。
こんな年も珍しいですが、良い状態の物を得られたようで良かったですね。
タイコノバチは飛騨の道の駅でも普通に売っていますが、
しっかりとした癖の無いキノコでお隣の信州では特に人気があるようです。
高山でもキノコを扱っている料亭や居酒屋では欠かせないですね。
<<  2016年のキノコ狩り ヌメ...  オオムラサキアンズタケをデザ... >>