2016年のキノコ狩り クサウラベニタケ(毒)

 ここのところキノコの記事が続いていますが、毎年秋には色々なキノコに出会うので、
 それを紹介したいものですからどうかお察し下さい。
 このブログでは一度に色々な種類を紹介せず一種ずつなので余計に記事数が多くなってしまいますが、
 その方が覚えられるのではないかと思うからです。

 特にキノコ狩りをされる方に是非覚えておいて頂きたいのが今回のクサウラベニタケで、
 これは毒キノコで有名で、毎年必ずと言って良いほど中毒例が各地で出ています。
 シメジの仲間なのでそれらと間違えることが多いです。
 よく似た食べられるキノコにはホンジメジやウラベニホテイシメジなどがありますが、
 違いは茎がそれらより柔らかく摘まむと中が中空になっていて柔らかいので解ります。
 また傘の裏は薄い紅が勝ったような色でウラベニホテイシメジも同じような色ですが、
 大きさが全く違っていてウラベニホテイシメジの成菌の傘の直径が15㎝~20㎝ほどもあるのに対してクサウラベニタケは約半分ほどの大きさです。
 普通、クサウラベニタケは群生していることが多く、列になって生えているのも特徴です。
f0290971_10541158.jpg

f0290971_10542587.jpg

f0290971_10543913.jpg

f0290971_10545010.jpg

f0290971_1055426.jpg

f0290971_10551816.jpg

f0290971_10553177.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-09-30 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(6)
Commented by youshow882hh at 2016-09-30 00:34
こんばんは。ゆーしょーです。
岡山県の道の駅「風の家」で売っていたきのこは、
この有毒なクサウラベニタケなのですね。
1枚目、仰るように列なして生えてますね。
見た目には毒があるとは思えません。
Commented by sikisai03 at 2016-09-30 05:58
pikorin77jpさん、おはようございます。
今年の岡山の中毒きのこはこれでしたね。
間違いやすいツキヨタケとニガクリタケとの三羽烏です。
見た目が毒々しくないので余計に気を付けなければいけません。
しっかり観察すれば見分けは簡単なのですが思い込みと言うやつでしょうね。
Commented by honokanikaorujp at 2016-09-30 13:59
こんにちは~
美味しそうなキノコなのに毒があるんですね~
致死量の毒では無いのでしょうね
もし そうなら毎年中毒者が出てるなら
大騒ぎになりますよね~(+o+)
>傘の裏は薄い紅が勝ったような色・・・・
で 直立してる物も わざわざ茎を折って
裏を見せて下さっている物も 
目を凝らして見てますが良く分からないです
一所に列をなして生えているから 
これが食べられるならラッキー!!ですよね~
あ~~勿体ない(笑)
毎回キノコの記事は楽しいです^0^
Commented by sikisai03 at 2016-09-30 16:42
李音さん、こんにちは。
見るからに安全で美味しそうに見えるキノコですよね。
でもそれが落とし穴でしっかり中毒になるそうです。
ウィキペディアによると食後10分から数時間で症状が現れ、
神経系および消化器系の食中毒を起こし、死亡例もあるとのことです。

毒キノコの中毒は自分で採って来て中った時は表に出ることは少ないですが、
産直などで間違って売られていたりするとニュースになりますね。

私はキノコのガイドの時は採って傘の裏を見せたり、襞の付き具合なども説明します。
見分けは現地で詳しく教わることが一番ですね。
まだまだキノコの記事が続きますのでよろしくお願いします m(__)m
Commented by Meri-koenji at 2016-09-30 18:01
1枚めの列になっている状態、音符みたいですね♪♪可愛らしくて、つい摘んでしまいそうですが...茎がペシャっとなったら注意ですね。わかりやすく楽しい、sikisaiさんのキノコ見分け方講座は、全国の山がある自治体でメルマガ配信した方がいいですね(笑)
Commented by sikisai03 at 2016-10-01 18:28
Meri-koenjiさん、こんばんは。
植物や昆虫なども良く似たものがいくつか存在します。
その違いを見分ける同定と言う作業がキノコ狩りには特に必要になって来ます。
メルマガも良いですがしっかり覚えるには現地で実物を見て見分け方を習う方が良いと思います。
百聞は一見にしかずですから・・・(^-^)
<<  2016年のキノコ狩り オオ...  天然茸のきのこうどん >>