2016年のキノコ狩り (ウスヒラタケ)

 主に春から初夏にかけて出るキノコにヒラタケがありますが、秋になると傘の厚みの薄いウスヒラタケと言うのを目にします。
 群生することはするのですが、ヒラタケに比べ数が少ないのでなかなか大収穫と言う訳には行きませんが、
 それでもヒラタケ同様に良い香りがする美味しいキノコです。 
f0290971_10533842.jpg

f0290971_10535440.jpg

f0290971_1054596.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-09-16 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(4)
Commented by youshow882hh at 2016-09-16 21:39
こんばんは。ゆーしょーです。
ウスヒラタケは、その名の通りヒラタケを薄く
小さくしたようなものですね。
ウスヒラタケもよく似た毒キノコがあるとのこと、
われわれ素人には見分けが付きにくいですね。

Commented by Meri-koenji at 2016-09-16 23:47
本当にヒラタケの薄いバージョンですね。こちらの八百屋でもヒラタケは売っていますが、sikisaiさんが収穫なさるものほど香り高くはないと思います。これ、地上30~40cmくらいですか?意外と高いところにあるんだなぁって思いました。撮り方でしょうか(^^)?
Commented by sikisai03 at 2016-09-17 00:03
ゆーしょーさん、こんばんは。
直接両方を比べて見ることが出来ないので判り辛いかも知れませんが、
傘の厚みがウスヒラタケは半分程度です。
良く似た毒キノコはツキヨタケで同じような生え方をしています。
でもツキヨタケは傘の表面の色がチョコレート色なので区別は簡単です。
でもそろそろツキヨタケの中毒がニュースになる頃ですね。
Commented by sikisai03 at 2016-09-17 00:04
Meri-koenjiさん、こんばんは。
山の中にあるヒラタケもこのウスヒラタケより厚みがあり、より美味しそうに見えます。
キノコは全般に栽培すると旨味や香りが薄れて天然物には適いません。
今日は舞茸を採って来ましたが、帰りの車の中は凄い香りに包まれました。

ウスヒラタケの高さ、ピンポン!です。
キノコなどを写真に撮ってブログなどでお見せする時は傘の裏の襞の状態も必要です。
そのため地上スレスレから上を撮っているので見上げた写真になるのですよ (^-^)
<<  オリエンタル・マースカレー  シャクジョウソウ >>