越中おわら風の盆 4

 夜の町流しも各町内で移動しながら披露されます。
 その中でも日本の道百選に選ばれた諏訪町通りが一番の人気で石畳が敷き詰められた街並みには多くの人が集まります。
 それだけに場所を選んでの撮影はなかなか難しいですが今回も何とか良い場所で観ることが出来ました。
 ただ照明が暗いので動画があまり鮮明ではありませんが雰囲気を味わって頂ければ幸いです。
 また踊りの様子の写真もマナーとしてフラッシュが焚けないので(フラッシュを焚く人も多かったですが・・・)照明の当たってる場所を選んでのスナップ撮りでした。
f0290971_3263994.jpg

f0290971_326515.jpg

f0290971_3271771.jpg

f0290971_3273566.jpg

f0290971_3274986.jpg

f0290971_328427.jpg

 まだまだ写真はありますがこの辺りでシリーズを終了いたします。

 ※ 動画はMoreからお入り下さい。





[PR]
by sikisai03 | 2016-09-08 00:03 | 小さな旅 | Comments(8)
Commented by honokanikaorujp at 2016-09-08 00:51
こんばんは~
良い場所が撮れたそうで良かったですね~
今回の動画は踊りもですが歌をゆっくり聞きました
先日NHKで このお祭りが報じられていました。
こちらの(1)を見せて頂いた直後でしたので
ぱっと画面を見て (あ!おわら風の盆)だと
言いましたら 家族が へ~お母さん一瞬見ただけで
よく分かるね~だって  えっへんでした。(笑) 
Commented by youshow882hh at 2016-09-08 01:42
こんばんは、ゆーしょーです。
かつてこの踊りは野卑な部分もあったと聞きました。
今は改められ良くなったとのことですね。
夜に入って急に雰囲気が変わりましたね。
10分近くもある動画を見せていただきましたが、
やはり現地音が入った動画はいいですね。
暗いとのことですがキレイに撮れてます。
Commented by sikisai03 at 2016-09-08 04:03
李音さん、おはようございます。
動画も流して撮ると音も切れないので歌の文句など解りやすいですね。
しかし何を唄ってるか解らないところもありますが・・・(笑)
テレビでは全国放送にまで流れる行事ですから遠くの方も良くご存知です。
現地へ行くと本当に全国から人が集まってる印象を受けますよ。
特徴のあるメロディーや踊りの所作で一度見ると覚えられやすいですね。
それでも一度見ただけで直ぐに「おわら」と判るのは記憶力が良いのですね。
Commented by sikisai03 at 2016-09-08 04:03
ゆーしょーさん、おはようございます。
昔からの行事には少なからず野卑な部分がありましたね。
特に神事などではいまだに残ってるのが多いです。
さりげなく露呈させるのもそれもまた愉しみの一つなのでしょう。
おわらも夫婦踊りでは女性の肩に手を置く一瞬「ハッ!」するような場面がありますよ。

ライトを使わなくてもまずまずの動画が撮れました。
最近のビデオやコンデジは薄暗くても撮れるようになりましたね。
Commented by ばんば at 2016-09-08 07:09 x
フぅ~~~!堪能いたしました~
何年ぶりかなぁ…
あの時はほんと、場所取りもままならず、暑いし、人いきれはひどし、クラクラで十分楽しむ余裕なかったみたいな…
女性の着物もだけど、いなせな男衆の衣装、町内によっていろいろ図柄が違っててそれ見るのも楽しみでしたね。
ありがとうございました。
Commented by Meri-koenji at 2016-09-08 14:46
灯籠の灯りが優しげで風情ありますねぇ。夏の御祭りは夜が一層いいですね!大混雑でひしめき合うような人でもなく、ゆったり鑑賞できる感じなんですね。空気も綺麗でしょうし、現場で観るのが一番だろうと思わされました☆
Commented by sikisai03 at 2016-09-09 06:36
ばんばさん、おはようございます。
ほんと場所取りが大変ですよね。
でも高山祭の2時間と言う長い待ち時間は無いのですが、
それでも炎天下にじっとしているのは疲れます。
おわらも中身を知ると余計に感心することが多いです。
それぞれの町内の踊り方も多少違って興味深いですね。
Commented by sikisai03 at 2016-09-09 06:37
Meri-koenjiさん、おはようございます。
やはり町流しは夜間に限りますね。
八尾の町も御多分に漏れず道路幅は狭いです。
白線の外側から観るので横から見ると空いているように見えますが、
両端はは物凄い人で外へ出るにも身動きが取れないほどです。
もちろん入って来るのも・・・
なのでこの位置を確保するには空いているうちから場所を取っておかないと観られないのです。
でも大変な思いをしてでも観る価値はありますね。
<<  今年の芝栗は・・・  越中おわら風の盆 3 >>