今年の芝栗は・・・

 山の芝栗はたくさん実を付ける「生り年」と不作の「裏年」があります。
 昔はほぼ一年置きに生り年が来たように思いますが最近は二年連続不作の年と言うこともあります。
 天候次第でのサイクルなのかどうかは詳しくは分りませんが、
 豊作が続くことも無いので色々な条件が重なることが必要なのでしょう。
 ケルクス類(ブナやナラの仲間)の休眠芽を見ると大きく膨らむ年と芽が発達しないまま冬を越す年があります。
 あくまで推測ですがそんなことも影響しているのではないかと思われるのですが・・・
f0290971_1139169.jpg

f0290971_11392651.jpg

f0290971_11393860.jpg

f0290971_11395030.jpg

f0290971_11406100.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-09-09 00:03 | 山菜と木の実 | Comments(16)
Commented by youshow882hh at 2016-09-09 01:32
こんばんは。ゆーしょーです。
結局のところ、今年は豊作ですか?それとも不作ですか?
たくさん実っているので豊作だと思うのですが。
芝栗は山野に自生している関係でしょうか、果実が小さいですね。
これから栗ご飯の美味しい季節になりますね。
Commented by honokanikaorujp at 2016-09-09 01:43
こんばんは~
芝栗って今年の出来はどうなのでしょう
画面を見ると結構大きなイガグリが見えますね
芝栗って言うのは普段 私たちが食べている
栗とは違うのでしょうか?
そろそろ銀杏拾いの頃ですね~
Commented by sikisai03 at 2016-09-09 06:37
ゆーしょーさん、おはようございます。
木に依ってはたわわに実を付けているのが見られますがまったく付いていないのもあります。
作り栗とは違って皆同じという訳には行かないようですよ。
まあ~均して中作と言ったところでしょうか・・・
芝栗は自然のままのもので元々実は小さいです。
丹波栗など栽培の栗は芝栗を品種改良したものなので実が大きいです。
梨やりんごなどの果物も同じですよ。
Commented by sikisai03 at 2016-09-09 06:37
李音さん、おはようございます。
芝栗は山の中にある野生の栗のことです。
店に売ってある大きな栗はそれを品種改良したものですよ。
ただ作り栗は粒が大きい分だけ大味となるので甘味が少ないです。
それに比べ野生の小さな芝栗は甘いです。
細かいのでちょっと面倒ですが芝栗で栗ご飯を炊くと美味しいです。
Commented by ばんば at 2016-09-09 07:36 x
おはようございます。
栗といえば昨年、友人と一生懸命拾いまくった山栗(芝栗?)・・・乾燥させたものが一度も使わないまま袋に一杯あるのです。
拾うときは楽しくて、ねぇ~~
乾燥させてるときもワクワクしてたんだけど・・・
いざ出来上がるとあまりの細かさに手を付ける気にならず、何日に一回かはおっさんと「捨てれ!」「捨てまっせん!」と問答してます~
Commented at 2016-09-09 07:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Konatu_sw at 2016-09-09 11:08
今年は豊作ですか? イガイガがたくさん見られます。
Commented by sikisai03 at 2016-09-09 16:39
ばんばさん、こんにちは。
乾燥したかち栗・・・昔を思い出しますね~
再び熱湯に入れて柔らかく戻して食べるのですが、
飽食の今の世ではただただ面倒臭いだけではないでしょうか・・・
昔だったら柔らかくしたものをおやつとして食べたりしましたよね。
一番良い方法は戻して包丁で半分に切ってペンチで潰して実を出して、
栗きんとんにでもすれば良いと思いますが、
それも面倒でしょうかね・・・
Commented by sikisai03 at 2016-09-09 16:40
鍵コメさん、こんにちは。
その件ですが、先ほどメールしましたので確認してください。
Commented by sikisai03 at 2016-09-09 16:40
Konatu_swさん、こんにちは。
今日も山へ行ったのですが、たくさん実を付けているのとまったく無い木がありました。
たくさん実を付けている木はきっと拾うのも忙しいくらいの豊作のようですよ。
Commented by Meri-koenji at 2016-09-10 07:52
おはようございます。上から落ちて頭にでも刺さったら痛そ...と、考えてしまいました(笑)まだ青々としてトゲが強そうですね。そういえば、大きな栗の木の下で~って歌は、木が大きいのか、大きい実のなる木なのか、どっちでしょうね。スミマセン、くだらなくてf(^_^;
Commented by ねずまま at 2016-09-10 10:07 x
私の散歩道の栗は 昨年は 豊作でした。今年は まぁまぁです。毎朝の 散歩のおみやげで 少しづつゲットして ため込んでいます。またじが 面倒だといいますが ちび栗の ほこほこ感は 手間を惜しんでも 向かいたいですね。
我が家の 孫たちも 栗きんとんにすると おいしいと
一口で パクりです。ゆでて判割にしておいても 面倒くさいと 自然の恵みを 粗末にしますね。
Commented by sikisai03 at 2016-09-10 19:00
Meri-koenjiさん、こんばんは。
このようにまだ殻が割れない栗のイガは落ちることは少ないですが、
割れたのを長い棒で叩いて落とす時など頭に当たったりしますね・・・とても痛いです(笑)
「大きな栗の木の下」さてどちらでしょう?
どちらにでも取れることって色々ありますね。
Commented by sikisai03 at 2016-09-10 19:01
ねずままさん、こんばんは。
何時も戴くねずままさんの栗きんとんは本当に甘くて美味しいです。
でも食べるまでにされる苦労は大変ですね。
自分でも作ったことがあるので良く解ります。
最近山道を走っていて、栗の実がたくさん生ってる木の場所は覚えるようにしています。
落ちる頃になれば回らねば・・・
Commented by Hsrolayqq at 2016-09-10 21:14
こんばんわ
いいなぁ。。いいなぁ。
栗が山にあるんですか?だれでも自由に取れますか?

南房総にこんなところあります。
ご存知ですか?
http://find-travel.jp/article/30508
千葉県君津市の清水渓流公園にある「濃溝(のうみぞ)の滝です。
Commented by sikisai03 at 2016-09-11 03:13
理恵さん、おはようございます。
飛騨の山は房総と違って落葉樹ばかりですから栗の木はたくさんあり、
今月も下旬頃になると実がたくさん落ちます。
終戦後は競って拾いに行ったものですが最近は拾う人も少なくて、
拾っていても怒られることはほとんど無くて誰でも拾うことが出来ますよ。

濃溝の滝は今年初めて知りました。
鴨川からの帰り道に道路が凄く混んでいましたが、滝と温泉に行く車が詰まっていたようで、
シャトルバスの駐車場になっていた道の駅からはスムーズに走れました。
案内頂いた写真を見てビックリです。
来年行く楽しみが増えました。
<<  2016年のキノコ狩り (シ...  越中おわら風の盆 4 >>