カワミドリ

 真夏から初秋にかけて高原など標高の高い所に咲くカワミドリはシソ科の植物です。
 花は薄紫で穂状になって咲き、よく見ると細かな花の一つ一つは唇形をしています。
 またこのカワミドリは排草香と呼ばれる漢方の生薬でもあります。
 葉を揉んでみるとやはりシソ科でね、確かに効きそうな香りがします。
f0290971_11411970.jpg

f0290971_11412950.jpg

f0290971_11414152.jpg

f0290971_11415339.jpg

f0290971_1142320.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-09-01 00:03 | 山野草 | Comments(0)
<<  小さなクロムツは開いてみりん...  房総へ・・・ 6 (勝浦の朝市) >>