房総へ・・・ 6 (勝浦の朝市)

 能登半島輪島と飛騨高山、それにここ房総勝浦の朝市を日本三大朝市と呼んでいます。
 ( ※ 勝浦の代わりに呼子が入ることもありますが・・・)
 そこでせっかく房総まで来たのだからと思い勝浦の朝市を覗いてみました。
 輪島と同じように魚類が売られているのが特徴ですが、違うのは売り手が静かと言うことで、
 あまりしつっこい勧誘はしないのでゆっくり見て周ることが出来ます。
 朝は6時過ぎにはもう開いている店もあるとかでとにかく早い朝市でした。
 美味しそうな”さんが汁”(写真6枚目)を食べて、試食にあった焼いて頭や骨までそのまま食べられる鯵の丸干し(写真4枚目)を買って帰る途中、
 大きな沖ブリの干物(写真8枚目)に出会い、それがまた信じられないほど安かったので2枚も買いました。
 沖ブリとは南半球の魚で正しくはシルバーと言うとか、日本のブリと違って脂肪分が少ないので人気はイマイチのようですが、
 干物なら問題ないでしょう・・・
 値段の割に大きいと何か得をしたように感じる買い物でした。
 (※ 房総の記事は今回で終了です。)
f0290971_9452240.jpg

f0290971_9453685.jpg

f0290971_9454939.jpg

f0290971_946154.jpg

f0290971_9461237.jpg

f0290971_9462452.jpg

f0290971_9463534.jpg

f0290971_9464647.jpg

 沖ブリの開きが大きいのですが、どれ位大きいかと言うと・・・Moreでご覧ください。 




f0290971_947678.jpg

 大きさが判るようにカレースプーンを並べてみました。
[PR]
by sikisai03 | 2016-08-31 00:03 | 小さな旅 | Comments(0)
<<  カワミドリ  無限ピーマン >>