房総へ・・・ 4 (おせんころがし)

 千葉県の小湊から勝浦への途中に「おせんころがし」があります。
 ここへは過去にも立ち寄ったことがあり、それはもう20年近くも前のことになりますが、
 再び・・・と言うことで行ってみました。

 国道には場所の存在を示す看板は無いので昔の記憶を頼りにしたのですが、
 見覚えのある建物が目に付いたので迷うことなく入口に到達しました。
 「おせんころがし」と言うと何だか良い響きの優しい言葉に聞こえますが、
 この場所は色々悲しい伝説や事件の有った場所で見下ろす断崖は身の毛もよだつほどです。

 伝説は途中に謂れ書きの看板の写真があるので、それをご覧になると良いです。
 また見下ろした写真からは高さが判り難いですが最後の2枚の遠景からその険しさが見て取れると思います。

 ※ 詳しく「おせんころがし」を知りたいと思われる方は検索されるといろいろ出て来ますよ。

f0290971_13353768.jpg

f0290971_13354965.jpg

f0290971_1336226.jpg

f0290971_1336138.jpg

f0290971_13362585.jpg

f0290971_13364026.jpg

f0290971_133650100.jpg

f0290971_1337857.jpg



[PR]
by sikisai03 | 2016-08-27 00:03 | 小さな旅 | Comments(0)
<<  ボタンヅル  ドライマンゴーのヨーグルト漬け >>