ハナイカダの実

 ハナイカダはモチノキ目ミズキ(ハナイカダ)科に属する落葉低木で筏に見立てた葉表の中央に花が咲くことで知られているちょっと変わった植物です。
 春には新芽を山菜としてお浸しなどに利用しますが、夏に実る黒い実もまた食用となります。
 しかし甘味もそんなに強くなく種も大きいので次も食べたいか?と言えば、私の場合あまり食指が動くほどではありません。 
 一度はジャムにでも・・・と考えたこともありましたが、一ヶ所でたくさんの実を得られるような場所も無く、試さないまま現在に至っています。
 やはり眺めるだけにしておいた方が良いかも知れませんね。
f0290971_11305964.jpg

f0290971_1131920.jpg

f0290971_11311858.jpg

f0290971_11312655.jpg

f0290971_11313656.jpg

f0290971_11314930.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-08-13 00:03 | 山野草 | Comments(0)
<<  福井名物 羽二重餅  炊飯器で炊く鯛めし >>