メマツヨイグサ

 メマツヨイグサは最近特に増えつつあるマツヨイグサの仲間で、何処にでも見掛けるポピュラーな花です。
 それ故オオマツヨイグサを駆逐しているような勢いさえ感じます。
 北米原産と言われており、荒れ地に多いことから別名をアレチマツヨイグサとも言います。
 マツヨイグサは夜間に花が咲き午前中に萎んでしまうので早朝が観察時ですね。
 この時期、早起きした時はマツヨイグサを探して散歩してみるのも良いでしょう。 
f0290971_9144832.jpg

f0290971_9145875.jpg

f0290971_91591.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-07-28 00:03 | 山野草 | Comments(5)
Commented by youshow882hh at 2016-07-28 00:30
こんばんは。ゆーしょーです。
マツヨイグサは、昔から紀の川の川原などでよく見ましたが、
マツヨイグサの頭に雌が付くメマツヨイグサは初めて知りました。
どちらもアメリカ原産ですね。
だいたいこの手の花は、黄色い花が多いですね。
昼には萎むのですね。
Commented by sikisai03 at 2016-07-28 05:32
ゆーしょーさん、おはようございます。
マツヨイグサと言うのは種名を特定しない総称の呼び方ですが、
それぞれ頭に「オオ」「コ」「メ」「アレチ」など付きます。
「メ」は「姫」の意味で少し小型のと言うことなのでしょう。
コマツヨイグサは花弁の形が違って面白いですが、
他は大きさが違うことくらいで皆同じ色ですね。
Commented by ねずまま at 2016-07-28 09:33 x
おっしゃるように 最近は オオマツヨイグサを めったに
見れなくなりました。 我が家近辺もメマツヨイグサばかり。たまに 大柄な花を見つけるとうれしくなって パチリです。同種の植物間でも生存競争は 激しいようですね。
Commented by sikisai03 at 2016-07-28 17:17
ねずままさん、こんばんは。
飛騨でも逆にメマツヨイグサの少ない所ではオオマツヨイグサが目立ちますが、
そんな所に出食わすと嬉しくなります。
やはり子供の頃に見た風景が頭に残っており懐かしくもありますね。

Commented by honokanikaorujp at 2016-07-28 23:52
こんばんは~28日のギロギリですが
マツヨイグサ見せて頂きました。
朝露に濡れて綺麗ですね~~^0^
<<  タコの卵  目鯛のあら煮 >>