シロバナコバギボウシ

 「シロバナコバギボウシ」で検索するとヒットしますが、これは固有の種名では無くあくまでも普通のコバギボウシの突然変異と思われます。
 このような白花は他にもいろいろ現れて、私は今までウツボグサやツユクサ、ネジバナ、
 高山植物ではコマクサやヨツバシオガマ、イワギキョウなどを見たことがあります。
 これはおそらく遺伝子の成せる技と思われますが、移植して庭で育てていたところ普通の色に変わってしまったと言うことも良く聞きます。
 年を重ねて花を咲かせるうちに先祖還りするのかも知れませんね。  
f0290971_6211313.jpg

f0290971_6212791.jpg

f0290971_621394.jpg

f0290971_6215067.jpg

 今回のコバギボウシの白花は福井県の山中で発見しました。
 来年訪れた時も無事に咲いていて欲しいと思います。

[PR]
by sikisai03 | 2016-07-24 00:03 | 山野草・木の花 | Comments(6)
Commented by youshow882hh at 2016-07-24 00:22
こんばんは。ゆーしょーです。
上部の説明。・・・ということですが、
このような山中に、純白の花が、
しかも横向きになって咲くのですね。
葉の形から見て、蘭の一種でしょうか。
Commented by honokanikaorujp at 2016-07-24 01:34
こんばんは~
真っ白なギボウシですね
我が家の裏に沢山咲いてるのは薄紫です。
鉄砲玉さん ギボウシの葉っぱは食用にもなりますよね
以前 小料理屋さんでシャブシャブ鍋の野菜としてキボウシの葉っぱが出ました。
初めて食べましたが美味しかったです。
Commented by sikisai03 at 2016-07-24 06:33
ゆーしょーさん、おはようございます。
ギボウシの仲間はランの花の作りとは違って一見してユリ科かと思われそうですが、
科名、属名はキジカクシ科、ギボウシ属で、ちょっと馴染みのないような科の植物なのです。
普通の薄紫の花はたくさんありますが、白は珍しいです。
Commented by sikisai03 at 2016-07-24 06:34
李音さん、おはようございます。
そうですねギボウシは園芸品種としてもHCなどで売られているので、
町中でも植えてあるのをよく見かけます。
時にお寺の庭ではお馴染みの植物ですね。
仰るようにギボウシは山菜として食用されています。
最近は東北などで栽培されていて、それがスーパーにも並んでいますね。
私は青梗菜の代用として豚肉と炒めたりしますよ。


Commented by ねずまま at 2016-07-24 17:56 x
白花のギボウシ...品がありますね。
我が家にもと思い 見に行きましたが 普通の薄紫。
昨日 乗鞍で 白のイワギキョウと コマクサを楽しみに出かけましたが 見つかりませんでした。 その後白のヨツバシオガマも
探しましたが アウト。今年は 春の カタクリも 白には会えずじまい。sikisaiさんの このフォトで よしとしますね。
Commented by sikisai03 at 2016-07-25 06:32
ねずままさん、おはようございます。
私も乗鞍の白い高山植物はいくつか場所も覚えているのですが、
最近は足が遠くなってなかなか見に行くことが出来ません。
コマクサは3ケ所知っていましたがそのうちの1ヶ所は段々ピンクになってしまいました。
毎年同じ所で見られるとは限らないようですね。

<<  飛騨牛のスジ肉で作る肉じゃが  ヨタカ (夜鷹) >>