ヨタカ (夜鷹)

 友人が見付けて教えてくれたヨタカはちょうど卵を産んだ後のようで抱卵中でした。
 鳥の巣と言えば木の枝の分岐などに藁などを集めて作ったお椀状のものを思い浮かべるのですが、
 夜鷹の巣は巣なんてものはありません。
 砂利の上に産み落とされたそのままの状態で上から覆い被さっていました。
 ヘビなどの天敵に襲われるとなす術もないように思われますが、これが彼らにとってはベストのでしょうかね。
 それにしても日除けになるような物は無くジリジリと照り付ける太陽は容赦ありません。
 熱中症に罹らないようにと願う次第です。
f0290971_6232864.jpg

f0290971_6234769.jpg

f0290971_624055.jpg

f0290971_6241363.jpg

 余りにしつっこく撮影していたので親が逃げてしまい、飛び去った後には卵だけが残されていました。

f0290971_6242735.jpg

f0290971_6244139.jpg

 でも安心して下さい、私たちが去ったら親鳥も帰って来ました。
 ※ 動画も撮ったのですがヨタカがあまり動かないので動画の価値もないです。
  それでもご覧頂ければ幸いです。







[PR]
by sikisai03 | 2016-07-23 00:03 | 自然の仲間たち | Comments(12)
Commented by honokanikaorujp at 2016-07-23 00:21
こんばんは~
ヨタカ? 鳥? どこどこって1枚目では探しました。
よ~~く見ると道の真ん中に居ました居ました。
卵も見ましたよ 2個生んだんですね~
こんな石ころの上に生んで しかもその上に乗って
抱いて温めるのでしょう 割れないのかな~~
ヨタカ って 時代劇に出て来る ゴザを持った女性と
関係が有るのでしょうか? 関係ないか(笑)
Commented by youshow882hh at 2016-07-23 09:58
おはようございます。ゆーしょーです。
夜に仕事をする娼婦などを夜鷹と揶揄して呼びますが、
鳥の夜鷹は、昼間は樹の上で寝ていて夜になると餌を
探して活動するので、これに例えて夜の玄人を夜鷹と
呼ぶのですね。
写真の夜鷹は卵を温めていたのですね。
Commented by Meri-koenji at 2016-07-23 13:40
ニュージーランドのキウイやヤンバルクイナなど、地面に産み落とす鳥は、飛べない種類だと思っていました。ヨタカは飛べても枝上などに営巣しないんですね。sikisaiさんが危害を加えないとわかったのでしょう。「すみませんが、ちょっと食事してくるので卵みててくださいね」と言ってたかもしれませんね(^∇^)
Commented by Blue Wing Olive at 2016-07-23 15:05 x
じっとしているヨタカを見るこっとってあまり無いですよね。卵も初めて見ました。
個体数は少なくはないでしょうけど、夜行性ということもあり見る機会の少ない鳥だと思います。
Commented by ばんば at 2016-07-23 19:11 x
ヨタカという鳥は見たことがないかも~~
地べたに卵産み付けるんですね~\(◎o◎)/!
地温で早く孵化する?なんてことがあるんでしょうか・・・
Commented by sikisai03 at 2016-07-24 06:07
李音さん、おはようございます。
ヨタカは夜間に活動するので地味な色で良いのですね。
石の色と同化してじっとして居ると見付け難いです。
それでもうやはり鷹の仲間ですね、眼付きには風格を感じます。
・・・と言っても後の画像や動画では目を閉じていますけどね (^-^;
昔の娼婦を「夜鷹」と呼んでいたこともありましたね。
決して良い例えではありませんが単に夜行性と言う意味なのでしょう。
Commented by sikisai03 at 2016-07-24 06:08
ゆーしょーさん、おはようございます。
山道を車で運転していると突然目の前に飛び出すことがあります。
フクロウ同様に夜間に活動する鳥なのですね。
鳥の抱卵はみな卵の上に被さって温めるのですが、
ヨタカの場合は巣が無いのが気になりますね。
Commented by sikisai03 at 2016-07-24 06:08
Meri-koenjiさん、おはようございます。
基本的に鳥が卵を温めるのは同じポーズなのですが、
巣を造るのと造らない種が居るのは興味深いことです。
卵は壊れそうですが実際には強度があると言うことですから、
このような場所でも大丈夫なのでしょうね。
抱卵中の鳥は卵を守るため一定の距離までは逃げませんが、
きっと危害を加えられそうだと直感したので飛んで行ったのでしょう。
Commented by sikisai03 at 2016-07-24 06:09
Blue Wing Oliveさん、おはようございます。
そうなんですね、昔は良く夜中に釣りポイントへ行く途中に飛んでいるのも見たことは何度かありましたが、
こうして昼間にマジマジと観察させてもらったのは初めてでした。
良いチャンスに恵まれたと思っています。
Commented by sikisai03 at 2016-07-24 06:09
ばんばさん、おはようございます。
夜行性でない人間はヨタカを見ることは稀でしょうね。
夜中に鳴き声を耳にすることはあっても姿も闇の中で確認し難いです。
鳥の体温は人間より高いですからもちろん地熱を利用することは無いと思います。
単に物臭なのかそれとも進化したのか・・・(笑)
Commented by ねずまま at 2016-07-24 18:03 x
ヨタカを近内はっきり見たのは初めて
夕暮れになると 電柱の上に止まって
不思議ななきごえを出しているのは 見ましたが。
地味な色合い。。それにしても地べたで 抱卵とは。
2個の卵 無事かえるといいですね。
Commented by sikisai03 at 2016-07-25 06:36
ねずままさん、おはようございます。
ヨタカは夜行性なので昼間は眠っているようですね。
従って我々の目に触れることも少ないのでしょう。
ヨタカの鳴き声って独特ですね。
夜中に聴くとちょっと驚きます。
卵の数が2個と言うのは少ないですが上手く巣立ってくれると良いですね。
<<  シロバナコバギボウシ  ムラサキシキブの花 >>