幻色が美しいコムラサキ

 この季節、高原の砂利道や川原などで砂地に吸汁に各種の蝶が集まります。
 その中で中型のタテハチョウの一種で翅の幻色が美しい紫色に輝く蝶が見られることがあります。
 名前も粋な「コムラサキ」と言う名が付けられていますが容姿にピッタリの名前だと思われませんか?
 この蝶を初めて見てから蝶が好きになったと言う人も多く、アンケートを取ると「美しい蝶」の上位に入っているようです。
 でもこの紫に輝くのは雄だけで雌には幻色がありません。
 蝶のほとんどは雄の方が美しいのですが、それは雌を惹き付けるためで、雌にはその必要が無いからと思われます。
 人間とは随分違いますね。
 ※ 動画はMoreにあります。
f0290971_19523518.jpg

f0290971_19524940.jpg

f0290971_1953232.jpg

f0290971_19531482.jpg







[PR]
by sikisai03 | 2016-07-19 00:03 | 自然の仲間たち | Comments(10)
Commented by youshow882hh at 2016-07-19 00:18
こんばんは。ゆーしょーです。
動画を見れば、翅を広げたり折りたたんだりするのがよくわかります。
神様トンボのようです。
そして翅を広げた時に紫色に輝きますね。
その輝きを幻色というのですね。
Commented by honokanikaorujp at 2016-07-19 01:42
こんばんは~
「コムラサキ」名前が素敵ですね
この蝶々はお花の蜜は吸わないのですか?
河原の小石の間に水分があるのを吸ってるのでしょうか?
動画も見せて頂きましたが見る方向によって紫の色が
見えたり見えなかったりですね
黄金虫の体の発色と同じ原理なのかな~
動画も素敵でした。有難う御座いました。
Commented by sikisai03 at 2016-07-19 03:50
ゆーしょーさん、おはようございます。
蝶や蛾などの鱗翅目は体温調節のために翅を開閉しますが、
コムラサキは特にその習性を上手く使ってアピールする技を身に付けています。
ある角度に傾けた時にだけ紫色が輝くのは憎い演出ですね。
幻色は幻を見たような…と言う意味でしょうね。
Commented by sikisai03 at 2016-07-19 03:51
李音さん、おはようございます。
粋な芸者の名前のようですね。
蝶は花の蜜を吸う種と吸わない種があります。
蜜から栄養を取らないグループは地表の水分に含まれるミネラルを摂っていますし、
また成虫になって何も食さず終わる種もいます。
コムラサキの幻色は甲虫のコガネムシやカナブン、
蝶のミドリシジミなどのどの方向から見ても輝いて見えるのとは少し違った構造ですよ。
蝶には他にも幻色を放つ種がいますが幻色は違った角度では輝かないのが特徴です。
Commented by ばんば at 2016-07-19 17:01 x
この蝶も一度会いたいと思いつつ、いまだに会うこと叶わない蝶の一つです~~
会いたいなぁ・・・・・
美しいやろなぁ…
Commented by sikisai03 at 2016-07-19 18:22
ばんばさん、こんばんは。
この時期に少し山手の砂利道かまたは河川敷きの柳の木のあるような所へ行くと見られることがあります。
飛騨ではそんなに珍しい蝶ではないので出会うチャンスもあると思います。
是非、見られると良いですね。
Commented by ねずまま at 2016-07-20 20:52 x
先回 上高地の河原で見た コムラサキ もう少し
私に知識が あったら この動画のような 景色が
見れたのですね。残念です。オオムラサキにも会いたくて
教えていただいた ポイントに 昨年 通ったのですが 
ダメでした。今年は また 出かけてみます。 
Commented by Blue Wing Olive at 2016-07-20 23:44 x
綺麗な色ですよね。他に綺麗だと思う蝶は、アオスジアゲハ、カラスアゲハ、クジャクチョウ、ミドリシジミ類、ギフチョウ等、たくさんありますね。
Commented by sikisai03 at 2016-07-21 04:32
ねずままさん、おはようございます。
上高地での写真は残念ながら翅を開き切ったのが無かったですね。
天気が良く気温が高ければ結構開くのですが閉じていることも多いです。
今回はタイミング良く紫が良く見られました。
オオムラサキは一週間ほど前だったでしょうか、
あの上を通る道の橋を通行中に横切る雄を見ましたよ。
Commented by sikisai03 at 2016-07-21 04:33
Blue Wing Oliveさん、おはようございます。
アオスジアゲハもシンプルで美しい蝶ですね。
ただ食樹の無い高山ではあまり目にすることは無いですが、
子供の頃城山や錦山の山頂では飛ぶのを見たことがあります。
富山の海端や名古屋市内の公園では普通に見られれますね。
<<  岩魚味噌  鯛茶漬け >>