白花のホタルブクロ

 飛騨でホタルブクロと言えば薄紫色が普通で、白花は滅多に見掛けません。
 しかし今年は鳥取へ行った道中でも、また能登半島でも見るのは白花ばかりでした。
 白花の地域では薄紫系はほとんど見られないのでおそらく棲み分けしていると思われます。
 同じ種類でありながら地域によって花の色が違うのも面白いですね。
f0290971_1945869.jpg

f0290971_1949475.jpg

f0290971_19491520.jpg

f0290971_19492334.jpg

f0290971_19493244.jpg

f0290971_19494512.jpg

 能登半島輪島市にて
[PR]
by sikisai03 | 2016-07-17 00:03 | 山野草 | Comments(10)
Commented by honokanikaorujp at 2016-07-17 00:16
こんばんは~
可愛い白い花が群生していたのですね
ホタルブクロって聞いた事がありますが 何故 ホタルなのでしょう
もしかして暗がりでも白い花は光を放つからそうなのでしょうか
山登りすると色々な植物に出会えて良いですね(#^^#)
Commented by youshow882hh at 2016-07-17 00:34
こんばんは。ゆーしょーです。
ホタルブクロという花ですね。
見たことがあるようなないような、
それにしても可愛い花です。
ホタルブクロとは言い得てますね。
Commented by Meri-koenji at 2016-07-17 07:06
ホタルブクロ!小学生の頃に読んだ「大きい1年生と小さな2年生」を思い出しました。その時に初めて知った名前です。懐かしい...。その本の刷り込みで、ホタルブクロは人間の手が届かない崖に咲いている、と思っていました(笑)今までずっと。
こういう場所に咲いているんですね(^∇^)貴重なお写真、見せていただきありがとうございます。私の中では「はるばる歩いて崖に登らなきゃ見られない」はずでしたから...(笑)
Commented by ばんば at 2016-07-17 07:33 x
ホタルブクロは大好き!
なんでこんな可愛い花があるんだ~!と思うくらい好きですよ~~
オッサンの実家のあたりから連れ帰ったのが三年ほどで消えてしまってがっかりしてるところです。
Commented by sikisai03 at 2016-07-17 17:05
李音さん、こんばんは。
ホタルブクロ、そちらでは見かけませんでしょうか?
普通に野山にある花ですか・・・
九州ならどんな色かなって興味があります。
蛍を花の中に入れて・・・の意味のホタルブクロですが、
実際に入るかどうか試したことはありません。
Commented by sikisai03 at 2016-07-17 17:06
ゆーしょーさん、こんばんは。
裏日本には多いですが表日本にもあると思いますよ。
いずれにしても昔ゆーしょーさんが疎開されていた田舎では見られたことと思います。
子供の頃はこの花で良く遊んだものでした。
Commented by sikisai03 at 2016-07-17 17:06
Meri-koenjiさん、こんばんは。
ホタルブクロは確かに崖のような所にもありますよ。
でも普通は土手の草むらなどに多い花です。
子供の頃に本で読んだ光景を何時までも覚えていることってありますね。
見に行くのも大変な場所にしか無いと言う夢もまた良いものです。
こりゃ~夢を破ってしまったかな?(#^^#)

Commented by sikisai03 at 2016-07-17 17:06
ばんばさん、こんばんは。
ホタルブクロが大好きと言う人は結構多いですね。
土手にはたくさんある花なのに庭では育ちにくいのでしょうか?
確かに日当たりと水はけの良い場所を好む花ではありますが・・・
Commented by ねずまま at 2016-07-17 21:51 x
日本海側に 白が 多いというのは 面白いですね。そういえば 私の故郷能登半島の たんぽぽは 白が ほとんどだったと思います。それに反して 雪割草は 日本海側のは 色とりどりで わが地のは 白しかみていません。いつも思うのですが 植物って 本当に不思議が 多いです。
Commented by sikisai03 at 2016-07-18 03:04
ねずままさん、おはようございます。
能登半島はホタルブクロの他にタンポポまでが白いというのは面白いですね。
私は度々能登へは行くのですが春は少なくてタンポポをあまり見ていないような気がします。
一度その頃に出かけてみたいと思います。
地域によって花の色が違うのは土質や遺伝子の違いがあるということなのでしょうね。
<<  鯛茶漬け  いか飯 >>