初夏の野麦峠 (1)

 久し振りに野麦峠へ行って来ました。
 小説や映画の「あゝ野麦峠」ですっかり全国区になりましたので飛騨でも山奥深い所でありながらたくさんの観光客が訪れます。
 また峠越えの道路が面白いのでしょう、ツーリングのライダーも多く通ります。
 峠の辻からは晴れてさえいれば乗鞍岳の姿も見られ、茂みからは鶯の鳴き声も聞かれて自然の懐深くに抱かれたような気がしました。 
f0290971_1722209.jpg
 
f0290971_17233835.jpg

f0290971_17235192.jpg

f0290971_1724412.jpg

f0290971_17241737.jpg

f0290971_17243069.jpg

f0290971_17244256.jpg

 ※ 説明看板の写真はサイズを大きくしてありますのでクリックすれば文字が大きく見られます。


[PR]
by sikisai03 | 2016-07-04 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(10)
Commented by youshow882hh at 2016-07-04 00:54
こんばんは。ゆーしょーです。
野麦峠がすっかり有名になったのですね。
知る人ぞ知る、昔から有名でしたが。
1枚目の正面の山が乗鞍岳なのですね。
こうして見ると野麦峠も結構高いですね。
ウグイスの鳴き声はいつ聞いても嬉しいものです。
Commented by sikisai03 at 2016-07-04 06:55
ゆーしょーさん、おはようございます。
野麦峠は昔の重要な江戸街道でしたので江戸への往復や善光寺参りの詣で路として知れていましたが、
やはり「あゝ野麦峠」で一躍有名になりました。
この峠は標高が1.670mほどですが、安房峠が約1.800mなのでそれに次いでの高さがあります。
落差も結構あるので歩いての峠越えは大変だったでしょうね。
夏は標高の高い山では結構ウグイスが鳴いていますが、避暑に行ってるのでしょう。
Commented by Meri-koenji at 2016-07-04 08:17
恥ずかしながら、タイトルしか知らない「あゝ野麦峠」...f(^_^;昔から耳にしているフレーズなのに、読もうとしたことがありませんでした。長野だとばかり思っていましたが、飛騨との境なんですね!それにしてもsikisaiさんが風景を撮られる時は、常に晴天でビックリです。山も木々も空も鮮やかで綺麗です。
Commented by ねずまま at 2016-07-04 08:23 x
偶然 私は2日 旧江戸街道。。山口から 美女峠を歩いていました。sikisaiさんは その先に 見えたのですね。
旧江戸街道を残しておくというのか 維持していく ご苦労を 町内の方の話も聞きました。今は 車時代で 人間しか通れない 旧道の維持は 草刈り一つにしても 先祖からの大事な遺産として 守る人が いないと ただの藪たに なるんですね。
Commented by sikisai03 at 2016-07-04 16:40
Meri-koenjiさん、こんにちは。
「あゝ野麦峠は舞台が飛騨と信州に跨っているので信州と思われても不思議では無いです。
映画にもなって主人公を大竹しのぶが演じていました。
飛騨は飛騨市の古川町が出て冬に紹介した三寺参りのシーンもありました。
晴天の写真が多いのは雨の日はあまり出歩かないためです (#^^#)
Commented by sikisai03 at 2016-07-04 16:40
ねずままさん、こんにちは。
江戸街道のご案内でしたね、ご苦労様でした。
江戸街道の飛騨の部分は断片的に残っていますが、だんだん通るのも大変な道となっていますね。
もちろん舗装はしていないので草木が生えるのも早く、荒れると2~3年で藪になってしまいます。
昔は手入れされていましたが、今後は忘れ去られる運命にあるでしょうね。
山口から朝日美女峠へは山口谷から登る車道もありましたが、今も軽自動車なら通れるでしょうか?
通れても走る人も居なくなったでしょうね。
Commented by ねずまま at 2016-07-04 18:22 x
今回通った道は 車止めしてあり 軽自動車は 朝日周りで
接待所まで来たと 言っていました。それが 山口谷の道かもしれませんが。(山口谷をしらないので) シートと 水などを積んだ軽自動車が 待っていました。(役の人2人)帰路 乗って帰りたいと いっていた人もありでしたが 全員 自分の足で おりました。 
Commented by ばんば at 2016-07-04 22:01 x
野麦峠はまだ訪れたことがないのです。
たぶん行けそうでないし・・・
野麦峠1とあるからには何回か続くのですね?
楽しみに待ちます~
Commented by sikisai03 at 2016-07-05 05:17
ねずままさん、おはようございます。
接待所までは美女峠の方からも車で入れますから、
谷に沿った道でなければそちらかも知れませんね。
谷へ降りる道であればまた他にも色々な植物に出会えたと思いますが、
そのルートが選ばれなかったことは案外、もう通れないのかも知れませんね。
Commented by sikisai03 at 2016-07-05 05:18
ばんばさん、おはようございます。
同じ飛騨に住んでいてもなかなか行けない場所ってありますよね。
特に公共の交通機関の無い場所は通るチャンスもありませんね。
野麦峠は昨日と明日の2回にまとめました。
<<  刺身丼  生しらす丼 >>