山蕗

 蕗は山菜の中でも一番遅くに旬を迎えます。
 これを採る頃は山菜シーズンも終わり掛けで少し寂しく感じます。
 もっともふきのとうの発生は早く、次いで芽吹いたまだ小さな蕗を葉っぱごと佃煮風に炊くこともあるので、
 早くから利用は出来ますが、私が採るのは太く長く育ってからなのでちょうど今頃になります。
 山奥の沢伝いに入るとあちこちに群落があり、なるべく太いようなのを選んで引いて来ます。
 よく日当たりの良い道端で採っている人を見掛けますが、そのような場所は短くて硬いのですが、採る人の勝手ですね。
 反面、日陰の湿った所にある物の方が瑞々しくて柔らかいものです。
 採って来た蕗は適当な時間茹でて皮を剥き、水に晒すだけでアクが抜け、その後は切って煮物にするだけ。
 私は身欠きにしんと煮たのが好きで、やはりこれもシーズンに一度は食べないと季節が感じられないほどです。
f0290971_16501719.jpg

f0290971_16502988.jpg

f0290971_1650475.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-06-21 00:03 | 山菜と木の実 | Comments(12)
Commented by honokanikaorujp at 2016-06-21 00:14
こんばんは~
立派な蕗ですね~
蕗はいつも友達から茹でたものを貰うので楽チンです^0^
何せ 山に入るのが超苦手 土手もちょっと苦手
とにかく草むらが駄目なので 野草などの良い写真も撮れません
蕗は独特の香りが好きです。
Commented by youshow882hh at 2016-06-21 00:22
こんばんは。ゆーしょーです。
蕗の柄は細く、皮をむくと更に細くなるので、
太い柄の蕗を選りますが少ないです。
それに蕗独特の苦味がありますね。
それがまた春の味として良いのでしょうが。
Commented by ねずまま at 2016-06-21 09:05 x
我が家の庭に出た ふき見事に育ちました。
かたそうなので 今まで とったことないのですが 
先日 20本ほど採り 皮むきのため 重曹を入れたお湯で ゆでたところ 結構柔らかく おいしく頂けました。
私も 今までは 山でしか ふきを採ったことが
なかったのですが 身近でも ゲットできることが
わかりました。足腰が弱ってきた おばぁに 自然が
くれた山菜。残りも 本日 とりました。
Commented by sikisai03 at 2016-06-21 17:02
李音さん、こんばんは。
確か小川で銀杏を洗う時も川へ降りるのを許可されなかったですね。
蕗を茹でて届けて下さるお友達がいると本当に楽ですね。
採ることもですが皮を剥くのも手間ですからね。
蕗の香りは独特でふきのとうは特に春の香りですね。
Commented by sikisai03 at 2016-06-21 17:02
ゆーしょーさん、こんばんは。
皮を剥く蕗は太いのでなければいけませんね。
細いのは皮を剥かずきゃらぶきにします。
でもそれだと味が濃くなって蕗の香りも薄れてしまいますね。
香りや苦みは蕗の身上ですね。
Commented by sikisai03 at 2016-06-21 17:03
ねずままさん、こんばんは。
あまり日の当たる場所で無ければ蕗も柔らかいですね。
ねずままさんは重層を使って茹でられるのですね。
私はただのお湯だけですが、重層だと柔らかくなるでしょうね。
身近で山菜の採れる場所をたくさん知って居られますから、
山へ入る苦労もなくこれからも山菜を楽しめますね。
Commented by Meri-koenji at 2016-06-21 18:07
買ったものしか知らないのですが、生えている時はこんな大きな葉になるのですね!カッパやカエルが傘の代わりに持っている構図をよく見ますが、たしかに傘になりそうです(^∇^)ニシンと炊くのも知りませんでした。うちの実家では、蕗だけで煮付けていました。。。
Commented by ばんば at 2016-06-21 20:09 x
もう何十年も(?)フキは採ったことがなかったのですが、今年はなんと二回もちょこちょこっと採りましたよ~~
sikisai03さんのおおせのように、ばんばもしっかり、叢の湿ったところのをひきましたで~~
ニシンがなかったので油揚げと炊きましたが美味しゅうござりました~~~(^O^)
やはり季節物は一度は食べたいですね。
Commented by sikisai03 at 2016-06-22 16:02
Meri-koenjiさん、こんにちは。
北海道にはもっともっと大きな蕗があります。
以前旅行した時に一本採って来ましたがそれで丼一杯になりました。(^-^)
蕗を傘にしている小人は蕗の葉の下の住人、コロボックルですね。
北海道のアイヌに伝わる話です。
蕗の風味を殺さないためにはそのまま蕗だけで煮ると良いですが、
油との相性が良いですね。
Commented by sikisai03 at 2016-06-22 16:02
ばんばさん、こんにちは。
そうですか、今年は珍しく蕗採りに行かれたのですか。
私は一度だけでしたが量が多かったのでペットボトルに塩漬けしています。
正月にでも食べようかな~
蕗は油と相性が良いので油揚げでも美味しいですね。
Commented by hanarenge at 2016-06-25 17:39
拝見していたら、懐かしいヤマブキが。

実家にもいっぱい有りました。

私が子供の頃には家で消費するだけでしたが(これがまた美味しいのです 山菜が豊富な4月5月は、食卓が賑やかでお弁当のおかずもタップリで嬉しかったです)

私が大きくなってからは、売っていました。
良いお金になったようです。

フキの葉をくるっと丸めて、学校の帰りに湧き水を飲んだのも思い出です。
小さな空気の粒が銀色で美しかったです。
Commented by sikisai03 at 2016-06-26 17:29
れんげそうさん、こんばんは。
ご実家、閉められたので思い出も尚更鮮明でしょうね。
蕗を味を含めて煮ると美味しいですね。
私も子供の頃はそれがご馳走でした。

今でも道の駅の産直コーナーでは蕗の束が売られていますね。
一束で200~300円と言ったところでしょうか。
1000円稼ぐには大変ですが、身近に有る物なので現金収入には良いアルバイトです。
<<  新潟県加茂市の駅前通り その...  新潟県加茂市の駅前通り その1 >>