5月下旬の城山公園散策 その15 (中佐平~二の丸)

 今日は中佐平から照蓮寺(しょうれんじ)を経て二の丸へと戻るコースです。
 途中の照蓮寺は以前白川郷中野にあった真宗大谷派のお寺で、
 御母衣(みぼろ)ダムの建設によって水没するためこの地へ移転されました。

 さて5月の下旬に廻った城山公園の記事も15回となり時も既に6月の中旬となってしまいました。
 今回が最終回となりますが、ご覧頂き有難うございました。
f0290971_7523965.jpg

    ↑ 中佐平を後にして周遊道路へと戻ります。

f0290971_7525379.jpg

    ↑ その途中右上に白雲山桜花之碑がありますが、
      これは高山郡代の元締めであった貝塚素牛が,
      取り壊されて殺風景になってしまった城山を蘇らせようと桜の苗を植えたことの碑だそうです。

f0290971_753494.jpg

    ↑ 照蓮寺の正門です。

f0290971_753146.jpg

    ↑ そして照蓮寺の本堂。

f0290971_7532460.jpg

    ↑ この鐘楼は飛騨で一番古い鐘楼とされています。

f0290971_7533533.jpg

    ↑ 照蓮寺の長い塀

f0290971_7534665.jpg

    ↑ 照蓮寺の裏には稲荷神社があります。

f0290971_7535931.jpg

    ↑ 稲荷神社の前は二の丸の大門の跡です。
[PR]
by sikisai03 | 2016-06-15 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(6)
Commented by youshow882hh at 2016-06-15 00:35
こんばんは、ゆーしょーです。
昨日の広瀬中佐のコメントが届いたでしょうか?

今夜の2枚目、桜花之碑のところは、今は桜の名所になっているのでしょうか。
照蓮寺はダム建設の水没で、この地に移されたとか。
照蓮寺を受け入れるだけの広い敷地があったのですね。
移築にかなりの年月を要しているでしょうね。
Commented by sikisai03 at 2016-06-15 02:52
ゆーしょーさん、こんばんは。
桜花之碑の貝塚素牛は城山(白雲山)全体に桜を植えたとのことです。
でも今は東側は杉木立になってしまっていますが・・・
照蓮寺のある場所も昔は二の丸だったようです。
この平地に移築された他に別に高山別院もありますよ。
御母衣ダムはこのお寺の他に桜の木を移植したことでも良く知られていますね。
Commented by honokanikaorujp at 2016-06-15 23:18
こんばんは~
5~6月と言っても気温27~30度のこの頃
そんな時に自然いっぱい、木陰いっぱいの山道散策
マイナスイオンもたっぷり浴びて元気が出そうですね。
寺院巡りも楽しそう 歩きやすい山道なら歩きたいですね~
Commented by sikisai03 at 2016-06-16 06:09
李音さん、おはようございます。
この城山散策の日は5月下旬でしたが、そんなに気温が高い日ではなく快適に歩くことが出来ました。
でも昨日のように27℃もあるような日であれば汗ばむことでしょう。
幸い森が深いので少し風があると涼しく感じます。
二の丸まで車で登れるので一周ルートであれば登りもきつくなく楽ですよ。
Commented by Meri-koenji at 2016-06-16 18:18
ミボロ...私にはもちろん読めませんが、変換の予測で御母衣が出ました!常識、もしくは著名ということですね。また四季彩ぺディアで学びました♪鐘楼の背景は空が晴れ渡っていますね。ずっとこのシリーズを読んでいますが、お天気に恵まれた素晴らしい景色を楽しんでいます(^∇^)
Commented by sikisai03 at 2016-06-17 01:44
Meri-koenjiさん、こんばんは。
1961年建設の御母衣ダムは当時は東洋一のロックフィルダムとして知られました。
ロックフィルとは石を積み上げて造る堰で一般のダムのようにコンクリートで表装されません。
そのことがミボロを知名度アップさせたのでしょう。
本当のWikipediaでは色々な話も出て来ますよ。
桜の移植のことも有名ですね。
<<  新潟県加茂市の青海神社 その2  5月下旬の城山公園散策 その... >>