ヘビイチゴ

 イチゴの仲間も色々あり木に成る物はキイチゴと一括りにされますが、草に成る物はそれぞれの名前があります。
 もっともイチゴは元々木に成る物とされ、その証拠に野菜ではなく果物(フルーツ)ですね。
 さてその中でもいかにも毒々しい名前のものがこのヘビイチゴです。
 ヘビの名の付くものはもう一つあって、それはシロバナヘビイチゴと言います。
 シロバナヘビイチゴの方は美味しいイチゴであることを以前のブログで紹介しましたが、
 ヘビイチゴに関しては今回が初めてです。
 ヘビイチゴも一応毒では無いのですが若干の酸味がある他甘味はほとんど感じられません。
 要は美味しくなくて食べないイチゴなので 「ヘビにでもやってくれ」 と言うことで付けられた名前なのでしょう。
f0290971_17393567.jpg
 
f0290971_17394687.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-06-10 00:03 | 山菜と木の実 | Comments(6)
Commented by pikorin77jp at 2016-06-10 00:17
ヘビイチゴ  そうだったんですね~~~
毒いちごだとばかり思っていました。この周りにたくさんあるんです。 ヘビにでもやってくれ~ということですか。
可愛いいちごなのに もっといい名前をつけてあげたかったですね^^
Commented by Meri-koenji at 2016-06-10 05:27
ピコ様がコメントなさってるのと、全く同じ事を思っていました!毒があるからヘビイチゴだと(*_*)ヘビにでもやってくれ、でしたか。なるほど~!小さいわりにジューシーで重いから「ヘビーイチゴ」じゃないですよね。・・・あ、つまんないこと書いちゃった(-""-;)
Commented by sikisai03 at 2016-06-10 07:00
pikorin77jpさん、おはようございます。
名前からして思うのは「毒いちご」ですよね。
本当に何故そんな名前を付けたのか?と言いたくなります。
確かに人間にとって有用ではないですが真っ赤な色は美しくさえもありますね。
Commented by sikisai03 at 2016-06-10 07:00
Meri-koenjiさん、おはようございます。
毒いちごは西洋の童話にでも出て来て魔法使いのおばあさんが籠いっぱいに持っていそうですね。
覚えておくと良いことはイチゴに毒は無いということです。
ただ甘くなくて不味いヘビイチゴのような種類は他にもありますけど・・・
このイチゴは色が濃いので見た目では味もヘビーに見えますね。
Commented by ねずまま at 2016-06-10 22:26 x
野生のイチゴで 食べれないものは ないと 教わりました。で イチゴは 見つければ つまみ食いしますが 確かに ヘビイチゴは おいしくない。 そうですか 蛇にでもくれてやれ。。。で つけられた名前。 これ いただき これから聞かれたときには この説明で行きます。
Commented by sikisai03 at 2016-06-11 05:00
ねずままさん、おはようございます。
そうですイチゴは毒が無いので見付けたら試食可能です。
ヘビイチゴは甘味の感じられないイチゴですが、
ノイチゴの大きなものも期待するほど甘くないですね。
やはりモミジイチゴが一番でしょうか・・・
草木の説明など話し方によって皆さんに覚えてもらうことが出来ます。
聞いた人が「右から左」でないように記憶に残るように話す工夫も大変ですね。
<<  5月下旬の城山公園散策 その...  5月下旬の城山公園散策 その... >>