ほうば寿司

 さて、ただ今「5月下旬の城山公園散策」の記事をアップ中で、まだ先も長くなりそうです。
 もう7回まで終わりましたがこの辺りで違った話題も挟んで口直しと参りたいと思います。
 一週間もするとこの時期ですから色々な新しいネタも出て来ます。
 旬を逃してはならないと、今回はこの時期の飛騨の郷土食の「ほうば寿司」を紹介します。

 ほうば寿司は以前の四季彩日記で岩魚バージョンを紹介しましたが、
 昔から伝わったレシピでは富山湾から遡上するサクラマスを使うのが正しく、
 あの有名な富山の鱒寿司も元来は桜鱒で製造していたと言うことです。
 しかし需要が伸びると共に天然物のサクラマスは貴重で最近は養殖の銀鮭などに頼っているようです。
 最近の養殖技術は進んでいてあまり養殖の身の不味さは感じませんが、やはりそこは養殖では脂の味が違いますね。
 確かに桜鱒も脂は乗っていますが餌が天然であるせいかさっぱりとした味です。

 例えば天然のニジマスと養殖のニジマスの味の違いが判る人であれば軍配は天然物に上がるでしょう。
 という訳で前置きが長くなりましたが、今年は天然の本鱒(桜鱒)に拘って作りました。
 我が家は小人数なので10個余りしか作りませんでしたので鱒の残りは鱒寿司にでもしようかと思います。
 使った具材は鱒、寿司用甘酢生姜、椎茸と舞茸の甘辛煮、独活の葉の塩もみ、筍、茗荷、錦糸卵です。

 飛騨のほうば寿司は各家庭によって入れる具材は違いますが、それがまた面白いです。 
f0290971_21195268.jpg

f0290971_2120572.jpg

f0290971_2120171.jpg

f0290971_21202990.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-06-04 00:03 | たかが男の料理 | Comments(10)
Commented by pikorin77jp at 2016-06-04 00:40
とっても美味しそうなほうば寿司!
この葉は何でしょう?
Commented by youshow882hh at 2016-06-04 01:20
こんばんは。ゆーしょーです。
ほうば寿司で一息入れたのですね。
美味しそうなほうば寿司を見ると、
和歌山の柿の葉寿司を思い出します。
天然ものと養殖ものの差は分かりませんね。
和歌山のスーパーで売っている天然鯛と
養殖鯛ですが、養殖鯛のほうが高いです。
Commented by ばんば at 2016-06-04 08:12 x
おはようございます~
朴葉寿司!なんと豪華なほう葉寿司なんでしょ~
いいですね~~美味しそう!
食後だけどこれだったら絶対にお腹におさまりますね、は~
ばんばんちではこんな豪華なオトトはつかえないので、せいぜいが切り身魚ですね・・・
朴葉寿司も、朴葉餅も食べたいけど、肝心の朴葉が、ねぇ・・・なかなか手に入らない~(>_<)
Commented by sikisai03 at 2016-06-04 08:14
pikorin77jpさん、おはようございます。
この大きな葉っぱは朴の木(ほおのき)の葉です。
オオヤマレンゲのような白い花が咲く木でとても良い香りがします。
葉っぱには殺菌効果もあるので両得ですね。
Commented by sikisai03 at 2016-06-04 08:14
ゆーしょーさん、おはようございます。
シリーズもあまり長いと「またか・・・」と思われますからね。
間に違った話題を挟むと箸休めになるかと・・・
柿の葉寿司も有名な郷土食ですね。
ほう葉同様に殺菌効果もあるとかですが、昔の人は良く知っていましたね。
天然の魚と養殖はやはり違います。
特にブリなんかはまったく違った魚のようですよ。
年越しのブリ、天然物が高いのは頷けます。
Commented by sikisai03 at 2016-06-04 08:21
ばんばさん、おはようございます。
ほうば寿司はあれこれ具材を加えると結構見た目は良くなります。
鱒の身は代わりに鮭でも良いですが、切り身が大きいと豪華になります。
今は年中銀鮭が出回ってるので作るのも楽ですね。
しかし肝心のほう葉が無いと始まりませんね。
運転手殿にお願いしてもだめでしょうか?
私の所までお越し下されば用意しますよ。
Commented by Meri-koenji at 2016-06-04 09:26
すごーーーい!!素晴らしいですねぇ\(^o^)/
sikisaiさんのお宅で消化できないんですか??よしきた。
東京都の高円寺ですけど、10個注文します。お返しに半田そうめん10束お送りします。って、こういう物々交換できたらいいな(笑)
Commented by sikisai03 at 2016-06-04 14:53
Meri-koenjiさん、こんにちは。
なるほどそれは良い考えですね。
でも作る材料の値段よりお互いの送料の方が高くなってしまいます。
アマゾンのように送料が安かったらいいのに・・・
それにほうば寿司はコンビニの寿司のように保存料など入っていないので日持ちもしません。
やはり食べに来て頂かなくては・・・(~_~;)
Commented by ねずまま at 2016-06-04 23:05 x
サクラマスのきれいなこと。朴葉寿司の おいしそうなこと。 それぞれの家庭の味。 でもsikisaiさんのは プロの 朴葉寿司 いえ 料理屋さんのものです。さぁ 私ももう一度 プロの味に 近づけるように 再挑戦。郷土の季節料理を作るのは 楽しいですね。
Commented by sikisai03 at 2016-06-05 04:43
ねずままさん、おはようございます。
このサーモン類のオレンジ色はプランクトンを食べているからだそうですが、
見るからに美味しそうですね。
酢で〆るのでどうしても薄くなってしまいますが、ルイベの状態だと本当に美しいです。
自分で作ると身の量を増やせるのが良いですね。
<<  5月下旬の城山公園散策 その...  5月下旬の城山公園散策 その... >>