フジ

 里山の山肌を彩るフジの花が今年も盛りとなりました。
 大木の樹冠まで絡んで伸びるので樹には迷惑ですが、見ている私たちは見事な花に驚かされます。
 幾つもの薄紫の房が垂れ下がった風景は圧巻ですね。
 さてこのフジの花、山にあるからヤマフジと言うのは間違いで、フジとヤマフジは別物とされていて、
 本州中部から東にはフジが、西にはヤマフジが分布しています。
 見分けは蔓の巻き方と花の房の長さですが、フジの蔓は左巻きで、ヤマフジは房が短く蔓は右巻きなのです。
 大凡、関ヶ原を挟んで植物にもこのような違いがあるのは興味深いですね。
f0290971_9434067.jpg

f0290971_9435782.jpg

f0290971_9441070.jpg

f0290971_9442654.jpg

f0290971_9444026.jpg

f0290971_9445529.jpg

f0290971_9451158.jpg

f0290971_9452533.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-05-22 00:03 | 山野草・木の花 | Comments(10)
Commented by youshow882hh at 2016-05-22 00:32
こんばんは。ゆーしょーです。
見事な藤の花ですね。
3枚目がよくわかります。
蔓が左巻きと右巻きでは
完全に品種が違いますね。
朝顔の蔓は学校で習いましたが
藤の蔓の巻き方は知らなかったです。
Commented by satuki1414 at 2016-05-22 06:33
おはようございます
圧巻ですね 実際にこの景色をまじかで観られている事
幸せですね スケールが違いますね
藤と山藤があるのを初めて知りました
Commented by sikisai03 at 2016-05-22 13:38
ゆーしょーさん、こんにちは。
フジの花は年によって咲き具合が違いますが、
今年は特に見事であちこちで目にすることが出来ます。
植物の種類によって蔓の巻き方が違う場合と、同じ種で巻き方が違う場合もありますが、
フジとヤマフジのような地理的な関係は珍しいですね。
Commented by sikisai03 at 2016-05-22 13:38
satuki1414さん、こんにちは。
毎年この時期になるとフジの花が家の周りでたくさん見られますが、
今年は特に花の付が良いようです。
ほんとに圧巻と言う言葉がピッタリですね。
北海道にはフジは分布していませんよね。
この時期はライラックでしょうか・・・
Commented by ばんば at 2016-05-22 20:33 x
見事ですよねぇ~~~
おバカなばんば、ずっと勘違いしてたことが二つありますよ~
まずは…藤はほかの木に絡み付いてるって知らなくて…藤ってなんと大きくなる木なんだろう~~と~^^;
それから今回の山藤と藤・・・
山にあるから山藤・・・ではないなんて…知らんかった~~
左巻きに右巻き!房の長さ!
いや~~~まじかで見てみたい~~

Commented by Meri-koenji at 2016-05-22 22:33
棚じゃない自然の藤、初めて見ました!すごい、なんて見事なんでしょう!こんなふうに上へ上へ伸びて咲くのですね(@_@)棚がないと伸びないのかと思っていました。今まで綺麗だと思った藤は、向島百花園か、近所の畳屋さん(ご主人の丹精だとか)くらいです(笑)最後の1枚はまるでシャンデリアですねぇ。これは山に入った方しか観られない特権ですね(^∇^)写真でのお裾分け、本当にありがとうございます♪♪うーん、今日もいいもの見た~!
Commented by sikisai03 at 2016-05-23 05:22
ばんばさん、おはようございます。
昔は自然豊かな飛騨に住んでいても植物など良く知らないことが多かったですね。
フジは蔓性なので単独では伸びられず、マメ科と聞いてなるほど・・・と。
まあ~豆の中でも蔓を伸ばさないで育つ物もたくさんありますが・・・
ジャックと豆の木の「豆」もそうでしたね(笑)
つい、山にあるから「山藤」とは使いたくなる名前ですね。
両方共山に有るので西日本の物は別の名前なら混同しなくて良かったかも知れません。
一度西日本のヤマフジが実際に咲いている所を見てみたいですね。
Commented by sikisai03 at 2016-05-23 05:22
Meri-koenjiさん、おはようございます。
フジの花は昔から毎年咲いているのにその見事さに気付いたのは能登へ行った数年前でした。
本当に咲き乱れると言う言葉がピッタリでびっくりしたものですが、
今年の飛騨はそれを彷彿させるような感じです。
Commented by ねずまま at 2016-05-23 15:05 x
フジとヤマフジ...知りませんでした。
山にあるのが ヤマフジと思っていましたもの。
それに房の長さ どこも一緒だと。でも 1メートルにもなるフジの花が どこかの庭園に ありましたね。
園芸種の フジにも 西 東ありますか?房の短いヤマフジ
見てみたいですね。今年は フジの花に 見とれているうちに タケノコ採りの 時期を逸しました。 今は 破竹採りに励んでいます。
Commented by sikisai03 at 2016-05-23 17:13
ねずままさん、こんばんは。
ほんとに山に有るから山藤と思ってしまいますよね。
自然のフジでも東と西に違った種があるとは面白いですね。
確かに検索するとヤマフジは房が半分程度で短いのが解ります。
園芸品種は東西では変わることは無いようですね。
花が白く大きなものがありますよね。
でも元は野生の品種改良のようです。
タケノコはもう終盤ですね。
でも私は短い物より緑の長く伸びた先を摘んで来る方が好きです。
<<  ウドを塩漬けに・・・  ソバナ(アマナ) >>