ムラサキヤシオツツジ

 雪融けて間もない山奥でブナなど早い芽吹きが山肌を彩る頃、ムラサキヤシオツツジが木間にに見られます。
 淡い萌黄色の山々ではこのピンクの花が良いコントラストとなって山歩きの疲れの慰めとなってくれます。 
 山では強い紫外線せいか特に鮮やかに見えるものです。
f0290971_18452877.jpg
 
f0290971_18454062.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-05-15 00:03 | 山野草 | Comments(10)
Commented by youshow882hh at 2016-05-15 00:35
こんばんは。ゆーしょーです。
ムラサキヤシオツツジは別名ミヤマツツジと言うのですね。
紫八染つつじとは難しい名前です。
ムラサキヤシオツツジも山桜のように
葉より先に花が咲くのですね。
赤紫のとてもきれいなツツジです。
Commented by sikisai03 at 2016-05-15 05:24
ゆーしょーさん、おはようございます。
別名をミヤマツツジと呼ばれているのは花がピンクのミツバツツジやコバノミツバツツジのことで、
このヤシオツツジのことでは無いですが、
考えようによってはヤシオの方が山奥、つまり深山に有るのでそう思った方が良いかも知れませんね。
春先に山を彩る花なので登山の人には人気があります。
Commented by 1944-suzu at 2016-05-15 08:56
阿蘇の草原にキスミレやサクラソウが咲きそろう頃でした。
今はミヤマキリシマが咲きだすころです。
熊本市からは入口が立たれていますが
外輪山を越える二つのルートが通れます。
余震が落ち着いたらすぐにでも出かけたいです。
ムラサキヤシオツツジ可愛いですね。
Commented by Meri-koenji at 2016-05-15 12:37
こうして1枚目と2枚目を続けて観ると、まるで自分が近づいた気分にさせていただけますね♪ツツジって見頃の案内パンフレットなどは、群生したものばかりですが、sikisaiさんのブログで「発見する楽しみ」を知りました。東京だと、たぶん根津神社あたりでワーっと一面ピンクですし、それもまたいいんですけど、山のツツジは可憐さが魅力ですね(^∇^)周りの新緑も綺麗です~!やっぱりカメラも違うんだなぁって思いつつ見せていただいてます。
Commented by sikisai03 at 2016-05-15 17:15
1944-suzuさん、こんばんは。
今年は阿蘇へのお出掛けも侭なりませんね。
仏なら春には先ずわらびを採りに行かれますよね~
ミヤマキリシマは私の彫刻の師匠が好きな花でした。
庭に幾株も植えて毎年咲くのを楽しみにしていましたが、
若くして亡くなってしまいました。
でも今でもツツジの花は季節が来ると変わらず咲いています。
Commented by sikisai03 at 2016-05-15 17:16
Meri-koenjiさん、こんばんは。
もちろん群生して咲く花は圧巻で見事ですね。
ただ最近の花の名所は数多く植えることで人を集める傾向にありますが、
ただ枝1本にせよ、花1輪にせよ「ハッ!」とする美しさもまた良いものですよね。
最近のネットニュースで免許証の写真が美しく撮られるために・・・とありました。
洋服の色を考えると言うのが趣旨でしたが、
このツツジの場合は背景の色によって引き立てられていると思います。
Commented by ねずまま at 2016-05-15 22:06 x
本日の山登りで 同じような つつじに会いましたが。ヤシオつつじの色ですが 花が 対に なっていませんでした。
調べたら 雪国ミツバツツジでした。この時期 山で出会うつつじは すべて ムラサキヤシオと思っていましたが そうでないのもあるんですね。山は 古川の安峰山です。新緑の中で このピンクは 本当に 疲れが 飛びますね。
Commented by sikisai03 at 2016-05-16 04:22
ねずままさん、おはようございます。
ユキグニミツバツツジは日本海側に広く分布しますが飛騨では少ないですね。
花の時期がコバノミツバより少し遅いのですが見分けは蕊の数が5本と言うところで、
他のミツバツツジは10本がほとんどです。
それに仰るように花が単独していて寂しく見えますね。
良い発見がなされて気持ちの良い山歩きでしたね。
Commented by ねずまま at 2016-05-16 10:44 x
蕊の数が5本。。。そこまで 観察しませんでした。
そうですか 普通のは 10本。 今度であったら
ちゃんと見てみます。ただ 朝 出がけに sikisaiさんの
このブログを見ていたので 花の対だけ 覚えていたので
ちょっと いい顔できました。めったにない つつじですか? この山には けっこう 咲いていました。日本海側に近い山だからでしょうね。毎回 勉強になりますが
来年には 忘れていることでしょう。最近は 聞いてもすぐ抜けて行くことばかり 情けないことです。
Commented by sikisai03 at 2016-05-16 15:25
ねずままさん、こんにちは。
私もユキグニミツバツツジは過去に数回しか見たことが無いのですが、
蕊の数だけは覚えていました。
それでもブログのコメントと言え間違ったことを書いてしまうといけないので、
再び図鑑を取り出して見てみましたら間違いないと言うことで・・・
でも私も最近はど忘れすることが多く思い出すのに時間が掛かってしまいます。
乗鞍の現役時代はいくらでも覚えられたのにと思いますが、脳がそれだけ草臥れているのでしょう。
<<  有峰 大多和峠  孟宗竹のおかか煮 >>