2016年 飛騨市池ケ原湿原のミズバショウとリュウキンカ その2

 池ケ原湿原は蛇行して流れる小川が良いアクセントになっていて散策に飽きません。
 この流れが健在であれば水芭蕉たちも未来に掛けて安泰なのですが、
 乾燥化してしまうと木立の森となり消えてしまいます。
 5枚目の写真にはその小川で泳ぐ岩魚が写っていますが、ここには岩魚の他、山女(ヤマメ)の姿も見られます。
 今回moreに動画も用意しましたがその最初に出て来る魚が山女です。
 背中の黒い斑点が目印ですので、岩魚の写真と比べて見て下さい。
f0290971_13202585.jpg

f0290971_13204014.jpg

f0290971_13205247.jpg

f0290971_1321577.jpg

f0290971_13212378.jpg

f0290971_13213676.jpg

  ※画像サイズは少し大きめにしてその分枚数を減らしてあります。




[PR]
by sikisai03 | 2016-05-09 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(6)
Commented by youshow882hh at 2016-05-09 00:48
こんばんは。ゆーしょーです。
和歌山城の森林の中でよく深呼吸をしますが、
池ヶ原湿原で、澄んだ空気を胸いっぱい吸い込みたいものです。
三脚を立てて撮影する姿が映ってますが、今はカメラの性能が良くなり
手持ち撮影で十分でしょうね。
動画にはたくさんの魚が写ってますが、これは皆、山女でしょうか。
7分以上の動画を撮ろうと思えば、容量の大きいSDカードが必要でしょうね。

Commented by sikisai03 at 2016-05-09 04:16
ゆーしょーさん、おはようございます。
新緑が芽吹く山で深呼吸すると生き返ったような気がしますね。
緑いっぱいはマイナスイオンも感じられて健康に良いです。
三脚を使うカメラマンが多いですね。
迷惑にならない所なら良いのですが案外マナーの悪い人が目に付きます。
私は三脚を使ってもそれほど良い写真が撮れないと思うので使いませんが・・・(笑)
1:09辺りに出て来る魚はヤマメで、1:22ではイワナが写っています。
昔はイワナだけでしたが温暖化で水温が上がったのでしょうね。
これはビクターのビデオカメラで撮りましたが8Gのカードが入っています。
でもまだ余裕がありました。
Commented by honokanikaorujp at 2016-05-09 23:17
今晩は~
下から二枚目の写真の魚が泳ぐ水面のブツブツは何でしょう
動画を見ながらコメント書いていますよ
広い湿地ですね~遊歩道が何処までも続いてるって感じです
水芭蕉がどれだけ群生してるのかが良く分かります。

Commented by Meri-koenji at 2016-05-09 23:33
ええ~!こんなに綺麗な水なんですか!水芭蕉って湿地のイメージでしたので、岩魚が共生するようなクリアなお水だと思わなかったです(@_@)さすが、飛騨では植物もお魚も健康なはずですね。もちろん人間も(^∇^)
Commented by sikisai03 at 2016-05-10 06:05
李音さん、おはようございます。
その粒々は川底の砂です。
ここで水深が50㎝以上はありますが水がきれいなので透き通って見えます。
池ケ原湿原の広さは約5ヘクタールでミズバショウは約40万株と言われていますよ。
遊歩道の先の先まで花たちで埋め尽くされています。
Commented by sikisai03 at 2016-05-10 06:05
Meri-koenjiさん、おはようございます。
高層の湿地は泥炭層の上を流れるので案外水はきれいです。
雨が降っても湿原では濁りません。
しかも源流は湧き水なので水温が低く岩魚が生息するには適しています。
おまけに禁漁区と来ているので岩魚たちには天国ですね。
水と空気が美しいと言うことは生き物に取って重要ですが、
その点飛騨は良い所ですよ (^^)
<<  山わさび  ハンゴンソウ >>