スプリングエフェメラル (キクザキイチゲ)

 「○○イチゲ」は別の呼び方では「○○イチリンソウ」とも言います。
 一般にはアズマイチゲとこのキクザキイチゲを指しますが、単にイチリンソウと言う花もあるので紛らわしいですね。
 飛騨ではアズマイチゲもキクザキイチゲも見ることが出来ますが、北部へ行くとダントツでこのキクザキイチゲが多いです。
 しかも白い花と薄紫の花があり、その色調も微妙に違いがあり興味深いです。
 これらの花も夏には枯れて跡形もなく消えてしまいます。
f0290971_20303328.jpg

f0290971_20304475.jpg

f0290971_20305575.jpg

f0290971_2031625.jpg

f0290971_20313025.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-04-28 00:03 | 山野草 | Comments(4)
Commented by youshow882hh at 2016-04-28 01:09
こんばんは。ゆーしょーです。
夏には枯れて跡形もなく消えてしまう
まさしくスプリングエフェメラルですね。
今回はキクザキイチゲなのですね。
白くてとても可愛い花ですね。
Commented by sikisai03 at 2016-04-28 06:25
ゆーしょーさん、おはようございます。
春早くまだ他の植物が芽吹かないうちに花を咲かせる一つの知恵なのですね。
梅雨の頃には跡形もなく消えてしまうのでまさに春の妖精なのです。
時期が春なので何となく可憐に見えますね。
Commented by ばんば at 2016-04-28 15:50 x
スプリングエフェメラル、たくさんの花が該当するんですね~
どれもこれも、可憐で清楚で~
ばんば大すきな花たちです~~(^O^)
Commented by sikisai03 at 2016-04-28 17:07
ばんばさん、こんばんは。
植物のスプリングエフェメラルは種類も多く他にも色々あります。
ショウジョウバカマやアマナ、コシノコバイモなどのコバイモ類、
他にもニリンソウやフクジュソウなどが主なものです。
お馴染の物もたくさんありますね。
<<  栃尾のあぶらげ  スプリングエフェメラル (ヤ... >>