2016年春の高山祭り その7 宵祭り 獅子舞その1

 高山祭りのもう一つの呼び物として「屋台の曳別れ」があります。
 初日の夕方に参道や広場に曳き出されていた屋台に提灯を灯して各屋台蔵へと帰って行くシーンです。
 その先頭は獅子で各所で舞いながら進んで行きます。
 獅子は所々で舞いを奉納しますが、舞い方はその神社によって違います。
 日枝神社の徳兵衛獅子独特の曲調の舞いをご覧下さい。
  (動画はMoreにありますのでご覧下さい) 
f0290971_181356.jpg

f0290971_1811624.jpg

f0290971_181289.jpg

f0290971_1814144.jpg





[PR]
by sikisai03 | 2016-04-20 12:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(8)
Commented by ぐり at 2016-04-20 13:09 x
引き別れまでおられたんですね
私は朝が早かったのでからくり見たら帰ってきました
屋台と獅子舞という構図は高山ならではのものですね
↓のしぐれ煮油があまりなくてしぐれ煮にむいていますねおいしそうですね
Commented by ねずまま at 2016-04-20 16:51 x
獅子舞の動画 特に へんべとりは 何時みても楽しい獅子舞です。わが孫が 祭りで 獅子舞をやっているので 祭りの獅子舞は 屋台以上に 興味を持っています。今日は 古川祭りへ ばんばさんと行き ここでも獅子舞を楽しみました。双方の祭り 2日間とも晴天に恵まれ いいお祭り日和でした。動画 たっぷりと流していただき ありがとうございました。
Commented by sikisai03 at 2016-04-20 17:01
ぐりさん、こんばんは。
私は早朝からお昼近くまで居て、一旦家に帰り再度夕方出掛けました。
本当は夜祭は止めようと思ったのですが、あまり天気が良かったので・・・
本来は屋台も行列に中に入るのですが、あまり動かせないと言うことで曳揃えてあります。
行列の先頭が鬼や獅子が清めて進むので、本来の形はこの曳き別れのスタイルなのでしょう。
でも屋台の前で獅子が舞うのはやはり良いものですね。
この獅子肉の部位はおそらくモモですね。
肩やバラなもっと脂があります。
もともと硬い所なので煮込む料理に向いていますね。
Commented by sikisai03 at 2016-04-20 17:04
ねずままさん、こんばんは。
そうでしたね昨日今日は古川祭りでしたね。
私はどうも起こし太鼓には縁が無くて・・・
今まで昼間の屋台を一度見ただけです。
今年は古川も天気に恵まれて良かったですね。
また記事のアップを楽しみにしています。
Commented by ばんば at 2016-04-20 21:37 x
高山の獅子舞は初めてかも~~
場所場所によって舞いも違っててとても興味深く拝見しました~
ねずままさんと古川祭りみてきたのですが、ここの獅子舞、舞い手が「ヘイ!」とか「ヒャヒャァ~」とか気勢をあげるのがどうも興ざめでした。
舞いの合いの手としてではなく、終わった時とかに、ね・・・
それに終わった後、獅子の口にザルを咥えておひねりねだり…
いや…あれはあかん・・
Commented by sikisai03 at 2016-04-21 04:20
ばんばさん、おはようございます。
獅子舞は本当に神社によって違いますね。
舞い方もそうですが、衣装も・・・
高山市内はこの獅子の柄しか無いですが、縞模様とかあるのですよね。
獅子舞にはそれぞれの意味やストーリーがあってそれを知るのも楽しみです。
でもおひねりをねだるのは良く無いですね。
本当にせっかくの素晴らしい熱演が興醒めされてしまいますね。
Commented by Meri-koenji at 2016-04-21 09:57
お獅子が何匹もいるの、初めて見ました。群舞(?)もいいですね。こんなに大勢の器楽隊もなかなか見られません。文化遺産ですよね(^∇^)若い方々もいるようなので、後継者がいるんだなぁと感心して見てました。
Commented by sikisai03 at 2016-04-21 17:00
Meri-koenjiさん、こんばんは。
この曳別れの最初は獅子舞を2本舞ったのですが、
最初は獅子が6匹で後が2匹でした。
でも他にも子供だけの獅子もあるので全部で何匹いるのか分かりません (+o+)
お囃子は昔は男の子だけでしたが、今は子供不足で女の子も参加しています。
それで何とか人数を揃えているのですよ。
<<  フタバアオイ  猪肉の時雨煮 >>