土筆と椎茸の卵とじ

 少し遅くなりましたが山菜ネタの土筆です。
 いわゆるスギナの花?で胞子を撒く仕事をするのが土筆、
 これも立派な山菜の一つで春には必ず…と言う人も多いですね。
 一般には油で炒めて佃煮か、この卵とじで食べられるようです。
 今回は原木栽培の椎茸と合わせました。
f0290971_17143038.jpg

f0290971_17144848.jpg

f0290971_1715085.jpg

f0290971_17151266.jpg

f0290971_17152392.jpg

f0290971_17153364.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-04-14 00:03 | たかが男の料理 | Comments(8)
Commented by youshow882hh at 2016-04-14 00:59
こんばんは。ゆーしょーです。
昔から海に遠い飛騨で生活をする人の智恵でしょうか。
ほとんどの山菜を食べてきたのでしょうね。
ツクシもこのようにシイタケや人参で卵とじをすれば
美味しくいただけますね。
Commented by sikisai03 at 2016-04-14 01:24
ゆーしょーさん、こんばんは。
それがそうでも無いのですよ。
確かに飛騨には海はありませんが昔から魚は富山から入っていました。
ただ冬が長いので野菜は不足しますが・・・
そのためぜんまいやわらびのように長期保存に効く山菜は利用しましたが、
このような土筆などはあまり食べる習慣は無かったです。
コシアブラなんかも最近珍しがって食べるようになったほどで、
かえって信州や富山の人の方が飛騨より山菜を食べていますね。
Commented by ばんば at 2016-04-14 08:01 x
おはようございます~

ツクシってのは過去一度だけ!食べたことがあります。
近所の山菜料理にたけた韓国の方に教わりながら、爪先真っ黒にしながら作ってみました。
結果・・・いやぁ・・・・年寄りは見向きもせんし、子供は一口食べて子供には合わん!と・・おのれ生意気な~~
それ以来こんな手間暇かかってそれでも不評なものは作るもんか~!と~~(>_<)
Commented by ねずまま at 2016-04-14 09:25 x
つくしんぼう。。。。袴とりが 面倒。。。でも 1,2回は 毎年 手を出します。我が亭主 あまり苦いのは 好きでないので 頭は 三分の二は カット。。。。庭に 雑草のように 伸びている アサツキを彩に入れて 卵とじ。。苦みを抑えれば 孫も 食べます。 年に 一度だけの ごちそうですから。 毎日のように 出すと ありがたみもなくなって 食べないかもしれません。
Commented by sikisai03 at 2016-04-14 17:36
ばんばさん、こんばんは。
ツクシは少し苦味があるので好き嫌いがありますね。
ほろ苦い程度であれば良いのですが、苦過ぎると食べない人が多いですね。
苦味は胞子から出ますので面倒でも何度も水を替えて洗うと和らぎますよ。
今回作ったものは生で3度、茹でて3度洗いましたが、適当な苦味になりました。
Commented by sikisai03 at 2016-04-14 17:36
ねずままさん、こんばんは。
はかま取は確かに面倒ですね。
私のやり方は少し変わっていて関節で外してはかまの部分だけ摘み取ります。
まあ~指は爪の所が黒くなりますが、大したことはありません。
苦味が嫌いであれば何度か水を替えて洗うことで和らぎますよ。
でもあまり洗い過ぎると全く苦味が無くなるので注意です。
食べるのもせいぜいシーズンに1~2度ですね。
Commented by Meri-koenji at 2016-04-15 14:59
なるほど~!こういう玉子とじですか!カツ丼的なとろとろの感じを想像していましたが、炒り豆腐のようにその風にするとは。生っぽい卵苦手なので、ますます美味しそうと思いました。しっかり火が通ってますね(^∇^)春のめぐみですね♪
Commented by sikisai03 at 2016-04-15 17:05
Meri-koenjiさん、こんばんは。
中が半生のふわとろの卵はお嫌いでしたよね。
ならゆで卵もしっかり固ゆでした物がお好きでしょう。
私も柳川鍋風の卵とじも考えましたが今回はしっかり硬めに・・・
炒り卵の要領でした。
これなら食べられますか?…と聞いたところで送る訳にもいかないし・・・(笑)
<<  2016年 春の高山祭り その1  富山の里山にて (サガリゴケ) >>