富山の里山にて (サガリゴケ)

 一見サルオガセを思わせる苔ですが、ちょっと華奢な感じを受けます。
 違うのはサルオガセは亜高山帯など標高の高い所に多く見られるのに対し、
 このサガリゴケは標高の低い里山の湿った環境に多く見られることです。
 薄暗い場所ではちょっと不気味な感じもしますが、良く見ると美しい苔ですね。
 植林地の背丈の低い杉の木などに着いているのを見ると杉の葉と同化して、
 サガリゴケと言う名よりスギゴケと呼んだ方が・・・と思いますがスギゴケと言う種類は他にあるので使えません。
f0290971_5171023.jpg

f0290971_5172230.jpg

f0290971_5173126.jpg

f0290971_5174182.jpg

f0290971_5175179.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-04-13 00:03 | 山野草 | Comments(6)
Commented by youshow882hh at 2016-04-13 01:18
こんばんは。ゆーしょーです。
このような苔は和歌山城公園でも見かけませんね。
初めて見ました。
仰るようにゆらゆらと気味が悪いですね。
私にはとても珍しく感じました。
Commented by sikisai03 at 2016-04-13 05:31
ゆーしょーさん、おはようございます。
普通に野山を歩いていると気付かないだけかも知れませんが、
意識して探すと大きい、小さいは別として良く見付かるものです。
でもこれだけ育ったのは珍しいかも知れません。
モジャモジャして少し不気味ですよね。
Commented by ばんば at 2016-04-13 08:34 x
天生などでよく見かけますよね。
いやしかし…
湯がいてマヨネーズで食べたらシャキシャキと美味しそうな~~
Commented by ねずまま at 2016-04-13 08:55 x
サガリゴケですか? 私なら サルオガセで はい 通過です。今度 見つけたら よくよく 観察しないと。それにしても そっくりさんですね。里山にあるなら 絶対 お目にかかっていますね。う~~~ん。またまた 新しい植物の名前が 。 覚えきれません。
Commented by sikisai03 at 2016-04-13 17:09
ばんばさん、こんばんは。
サルオガセや乗鞍などの高山帯にある苔のマキバエイランタイなどは仙人の食事のメニューのありますから、
コケ類は食べられると思います。
案外「イケル」かも知れませんよ (^^)
Commented by sikisai03 at 2016-04-13 17:09
ねずままさん、こんばんは。
このコケは市内の杉林の多い谷筋でも見られます。
ただこの富山のは大きく育っていたので別物かと思いました。
その気になって探せば見付かると思います。
ぶら下るコケなのでサガリゴケと覚えておけば良いですよ。
<<  土筆と椎茸の卵とじ  早春の御嶽山 >>