ダンコウバイ

 高山市のダンコウバイ群生地で今ダンコウバイが見頃になっています。
 この時期の木の黄色い花はいくつかありますが、マンサクやサンシュユ、キブシ同様に春早くに咲きます。
 日当たりの良い斜面に何本ものダンコウバイが自生していて市の保護地区となっています。 
f0290971_13211932.jpg

f0290971_1322750.jpg

f0290971_13222152.jpg

f0290971_13223329.jpg

f0290971_13224510.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-03-28 00:03 | 山野草・木の花 | Comments(8)
Commented by pikorin77jp at 2016-03-28 00:24
初めてみました。
色はロウバイとにていますが 花の形がぜんぜんちがいますね。
とっても可愛い花。地味に美しい花ですね。
Commented by youshow882hh at 2016-03-28 00:54
こんばんは。ゆーしょーです。
ダンコウバイは和歌山ではあまり聞きませんね。
梅の一種でしょうか。
またよい香りをしますか?
ソメイヨシノのように、葉より先に花が咲くのですね。
Commented by sikisai03 at 2016-03-28 02:11
pikorin77jpさん、こんばんは。
ロウバイも梅の字が付きますがダンコウバイより梅の花に似ていますね。
でもどちらも良い香りがするので梅の字が付くのでしょう。
香りと言えばダンコウ(壇香)とはビャクダンのことで、それに似た香木の一種です。
材質や葉っぱも良い香りがしますよ。
匂いの特徴はと言うとクロモジに似たところがあります。
Commented by sikisai03 at 2016-03-28 02:12
ゆーしょーさん、こんばんは。
関東から西は九州までの分布ですから有るとは思いますが、
何処でも保護地が多いようでやはり局地的なのでしょう。
梅はバラ科でダンコウバイはクスノキ科なので近縁では無いですが、
良い香りがするので梅の字が使われているのだと思います。
樹木の中で春に咲く黄色い花の木は葉より先に花を咲かせるものが多く、
マンサクやサンシュユ、キブシの他にもミズキなんかもそうですね。
これは遅霜から葉を護るための植物の知恵なのですね。
Commented by ばんば at 2016-03-28 07:38 x
おはようございます。
ダンコウバイ、可愛らしいですね~
ダンコウバイとアブラチャン?今一つ区別できていません^^;
このダンコウバイ、以前ねずままさんにご案内いただいたことあるんだけど、もう何年も前でさて、どこらへんだったか?ってな…(>_<)
Commented by sikisai03 at 2016-03-28 17:00
ばんばさん、こんばんは。
アブラチャンも同じクスノキ科のクロモジの仲間なので花も似ていますね。
ただ飛騨ではアブラチャンが少ないのと花柄の有無で区別しますが、
全体にアブラチャンは「なよ~としてる」と言った感じです。
このダンコウバイの自生地は三福寺町の神社の東側(上手)の山裾にありますよ。
Commented by Meri-koenji at 2016-03-28 22:44
すごい!植物の名前が9種類も挙がってますね(@_@)sikisai図鑑ですねぇ!ダンコウバイって知りませんでした。コメントされている皆様も、いろいろ植物の名前をご存知で...すごいなぁ。私も、米とブドウの種類(しかも液体)だけでなく、お花の名前も覚えよう...f(^_^;
頭でっかちになるんじゃなくて、様子や植生、名前がわかった方が、より楽しさも共有できますもんね♪
Commented by sikisai03 at 2016-03-29 04:33
Meri-koenjiさん、おはようございます。
植物も種類が多いですが昆虫などはもと多いですよ (@_@。
世の中にあるものすべてを覚えようとしても脳みそのキャパが・・・
最近は覚えるより忘れる方が早いです(笑)
”液体”の銘柄も多いですね~その他に大麦や芋などもありますね。
物の名前は興味を持てば覚えて行けますよ v(^^)
<<  侘助の花  なんちゃってしな漬け >>