富山平野からの剣岳と立山連峰

 所用で出掛けた日、富山平野から飛騨山脈が良く見えました。
 欲を言えばもう少しスッキリと晴れた日であれば良かったですが、春霞が掛かったようでぼやけていて・・・
 なかなか春は山がきれいに見えないものです。
 平野からは近景に視界を遮るものが無いと眺望が利きますが、富山平野では至る所でこのようにパノラマが見られる所が多いです。
   ( ※ 最初の画像のサイズを大きくしてあります )
f0290971_3274689.jpg

    ↑ 平野から見た飛騨山脈北部の山々、色々な岳を望むことが出来ます。

f0290971_328060.jpg

    ↑ 上のパノラマ写真の中央左にある剣岳です。

f0290971_3281255.jpg

    ↑ こちらが中央右側の立山連峰。

f0290971_3282379.jpg

    ↑ 剣岳の山頂付近のアップです。
[PR]
by sikisai03 | 2016-03-20 00:03 | 日々の発見 | Comments(8)
Commented by Meri-koenji at 2016-03-20 07:46
おはようございます☀
太平洋側の東京モンは、富士山しか馴染みがないので・・・こんなすごい(ギザギザ)上級の山を見て衝撃です!これは心していないと、登ったり下りたりできる相手じゃなさそうですねf(^_^;でも眺めが美しいので、これを見ると次は接触(登山)したくなるのが自然な気持ちなのかもしれませんね。剣岳という名前にも納得です。
Commented by sikisai03 at 2016-03-20 17:46
Meri-koenjiさん、こんばんは。
隣の立山に比べて剣岳は険しいでしょう?
私はおそらく日本で1or2を争う険しさだと思います。
立山は信仰の山ですから昔から大勢の人が登りますが、
一方、剣岳の方もアルピニストのメッカと言うことで、
クライミングの好きな登山家の憧れの的だそうです。
しかし登ると言っても岩肌をよじ登るのですから体力、気力、度胸が無いとダメです。
途中で落ちて死んでしまったら何ともなりませんから私は登ったことがありません。(>_<)

でも苦労して登ったらさぞかし良い気分でしょうね。
Commented by ばんば at 2016-03-20 22:15 x
富山へ行くとどうしても山を見てしまいますね~
でも富山市はわりと空がいつでもどんよりしてて綺麗に立山連峰見れるとき少ないんですよね・・・
もっとも滅多にいかないんだから、見れたらそれこそ千載一遇?
Commented by youshow882hh at 2016-03-20 23:09
こんばんは。ゆーしょーです。
富山平野から見る雪の飛騨山脈は素晴らしいですね。
丁度一年ほど前でしょうか。
北陸新幹線が開通した時、車窓からこのような景色が見えていました。(テレビの報道で)
剣岳の超望遠はすごいです。
目の前に剣岳があるようです。
このような険しい山でも、登るルートがあるのですね。
(50年前の夏の立山縦走の時、グループの一人が剣岳へ登ってきました)
Commented by pikorin77jp at 2016-03-20 23:41
まるで 絵ハガキのような。。。
この山をいつも見て暮らしていらっしゃる方は幸せですね。
Commented by sikisai03 at 2016-03-21 04:48
ばんばさん、おはようございます。
ばんばさんもよく富山へ行かれますからこの風景もお馴染ですね。
確かに北陸では天気の悪い日が多く富山は特に「弁当忘れても笠忘れるな」というほどです。
その割には偶にしか出掛けないのに山が見られるのは運が良い方かも知れません。
でもスッキリと晴れた山の写真が撮りたいですね。
Commented by sikisai03 at 2016-03-21 04:48
ゆーしょーさん、おはようございます。
飛騨山脈の西側でこれだけ多くの山が望めるのは富山平野が一番ですね。
富山平野からは結構立山や剣が見られる所が多いです。
だから飛騨山脈はシンボル的な存在なのでしょう。
北陸新幹線からも天気が良いと眺められる山々は乗客にも人気でしょうね。
剣岳は立山とは打って変わって険しい山ですが登山の同行の方は登られたのですね。
鎖場や梯子などが多い登山道だそうです。
Commented by sikisai03 at 2016-03-21 04:49
pikorin77jpさん、おはようございます。
長野県の白馬へ行った時もそうでしたが、
このように屏風が立ち並んだように見られるのは圧巻ですね。
この地に住む人はきっと心も豊かになるでしょう。
<<  高山市丹生川町の福寿草群生地その1  ベニズワイガニ DE 手巻き寿司 >>