乾燥わらびの煮びたし

 春に採って乾燥保存していたわらびを戻して煮てみました。
 戻すのに手間が掛かりますが、昔の飛騨では冬に野菜が無く漬物や乾燥した山菜などで冬を食いつないでいた生活の知恵です。
 大きな鍋にわらびが被るほどの水で煮て沸騰する寸前で火を止め、半分お湯を捨てて新しい水をその分加えて更に火を入れます。
 同じことを2~3回繰り返した後そのまま鍋ごと一晩放置しておきます。
 そうすることで柔らかく戻ったわらびを適当な長さに切って醤油、みりん、酒、出汁など好みで煮浸しにしました。
f0290971_18282136.jpg

f0290971_1829135.jpg

f0290971_18283650.jpg

f0290971_18291395.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-03-11 00:03 | たかが男の料理 | Comments(12)
Commented by pikorin77jp at 2016-03-11 00:19
今年は わらびをたくさん 採りにいきましょう。すぐ近所にわらびがでるところがたくさん あるんです。春になったら楽しみです。
わらびは色んな食べ方がありますものね。煮ても 炒めても 炊き込みご飯にしても おこわにいれても。^^
Commented by youshow882hh at 2016-03-11 00:51
こんばんは。ゆーしょーです。
現在のように流通が発達していない昔は、
地元で採れる山菜を大切にしていたのですね。
これは去年の春採ったワラビですね。
乾燥保存しておいたワラビを元の姿に戻すのですね。
昔の人はいろいろと知恵を絞ったのですね。
Commented by sikisai03 at 2016-03-11 05:45
pikorin77jpさん、おはようございます。
わらびは山菜の代表ですね。
それに山奥に入らなくても採れるところが良いですね。
本当に何にでも利用できて重宝します。
何時ぞや紹介しましたが昆布〆なんかも美味しいですよ。
Commented by sikisai03 at 2016-03-11 05:46
ゆーしょーさん、おはようございます。
冬でも野菜が獲れるのは温かな地方で、
飛騨など雪の多い所は特に育たないので野菜不足となります。
それを補ってくれるのが保存した山菜です。
蕗やウドは塩漬けに、ぜんまいやわらびは乾燥して取っておきます。
これは数年前のわらびですが、何年も保存できるところが良いですね。
戻し方を誤ると硬くて美味しく無いですがこの方法が良いようです。
Commented by ぐり at 2016-03-11 20:08 x
灰汁蕨の煮たのもいいですけど
私はどちらかというとこの乾燥蕨の
煮たのが大好きです
素朴な味ですよね
そうですね飛騨の知恵ですよね
ころいもとかもどんな小さなものも
大切に食べた知恵だと思いますね
今はわらびも乾燥するほど
採れません
Commented by sikisai03 at 2016-03-11 20:32
私もこの乾燥わらびや乾燥ぜんまいが好きです。
子供の頃から食べ付けているからでしょうかね。
肉や魚は勿論ですが野菜も飛騨では貴重で特に冬場はこんな山菜でも重宝しますね。
私は時々ぐりさんのレシピでころいもを煮ていますよ。
Commented by ばんば at 2016-03-11 21:37 x
あ!なるほど~~~
乾燥ワラビはこのようにして戻すのですね。
ばんばは塩漬けにすることが多いのですが、今年は乾燥させてみます。
乾燥させれば場所もとらないし~~
Commented by sikisai03 at 2016-03-12 05:52
ばんばさん、おはようございます。
乾燥わらびの戻し方は色々ありますが、
せっかく沸かしたお湯を全部捨てると勿体無いので私は半量にしておきます。
これでガス代が少しは浮くと思います。
乾燥わらびは干す手間が要りますが確かに場所は取りませんね。
Commented by Meri-koenji at 2016-03-12 11:33
美味しそう・・・なのはもちろんですが、こんなに大量に採れるんですね!すごい!長時間かけて広範囲でしょうか?それとも鉱脈のように、1ヶ所にまとまって穴場があるとか?
山が綺麗(清浄)だからこその恵みでしょうね。東京にとっては夢のような話です。踏まれたネギくらいしか拾えません...f(^_^;
先日のフキノトウもですが、芽吹くものを探し出すって、楽しそうですね(^∇^)うちのを探知犬に育てられるかもしれませんし(笑)
Commented by sikisai03 at 2016-03-12 17:47
Meri-koenjiさん、こんばんは。
最初の写真の一袋は一回の収穫です。
しかも長さや太さに選別して詰めているのでもう少しあります。
わらびは群生しているのでほとんど一か所で採れますよ。
これからわらびもそうですが、色々な山菜の記事が出て来ると思いますが、
飛騨は山の中なので山菜だけは豊富ですよ。
ただ山にはネギはありませんが・・・(;^ω^)
Commented by ねずまま at 2016-03-13 08:43 x
ゼンマイは 干して もむ手間が たいへんで せっかく干したものを一度 雨にあて ダメにしてからは ゼンマイは
採らないことにしています。乾燥させるのも 茹で戻しも
手間が かかりますね。それだけに 高価な山菜です。大好きですが 中国産ゼンマイだけは 避けたいです。
Commented by sikisai03 at 2016-03-13 17:53
ねずままさん、こんばんは。
ぜんまいは茹でてから干し上げるまで何度か手揉みすると柔らかくなるのでその手間は惜しみませんが、
せっかく干し上がったのを雨に濡らしたのでは勿体なかったですね。
山菜は何かと手間が掛かるので高価でも仕方が無いですが、
それだけに自分で調達すると喜びも大きいです。
私も何が入ってるか分からない中国産は怖くて買えません。
結構太いですけどね。
<<  光る岳  氷点下の森ライトアップ 2... >>