氷点下の森ライトアップ 2016年 その3

 氷点下の森の3回目です。
 昨年、一昨年とライトアップの数が少なく寂しい気がしましたが、
 今年はたくさんのライトが光を放ってきれいに見えます。
 前にも書きましたが大雪の時は色々トラブルがあり、電線の断線などで点かないライトもあるそうです。
 美しいライトアップには雪が少ない年の方が良いと言うことを始めて知りました。
 同じような写真が続きますがご容赦ください。
    (※最後の画像サイズを大きくしてあります)
f0290971_4334127.jpg

f0290971_4335222.jpg

f0290971_43438.jpg

f0290971_4341271.jpg

f0290971_4342396.jpg

f0290971_4343387.jpg

f0290971_434438.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-03-04 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(10)
Commented at 2016-03-04 01:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sikisai03 at 2016-03-04 05:06
鍵コメさん、おはようございます。
そう言うこともあるでしょうね。
氷で隠されていますが水のパイプと電線が下を這っていると思います。
またコンセントが外れても点かないですね。
Commented by ばんば at 2016-03-04 09:06 x
雪が多いといろいろな障害もあって綺麗にライトアップができない・・・
あぁ~~~そういうこともあるわけなんですね~

最後の写真・・・
いったいどういうことになってるんだ~~と不思議です。
Commented by pikorin77jp at 2016-03-04 09:48
こんなに 凍っていても 観光客の方 いらっしゃるのですね。 ライトアップ バスでこられるのですか?
今 日本全国 色んな地域が 観光地にするということで頑張っていますね。その努力はすごいな~と思います。私が今
住んでる田舎も 『ピオーネ』 という葡萄を作り出して ブランド化させたところなんです。35年前 なんにもなかったこの田舎は 今や 徒歩圏内に ピオーネを使ったワイナリーや美術館 運動公園 産直とめまぐるしく変わろうとしています。
地域活性化 凄いですね。
Commented by youshow882hh at 2016-03-04 11:07
おはようございます。ゆーしょーです。
私の記事が鍵コメントになっていますね。
「非公開コメント」にチェックを入れた
記憶がないのですが、知らない間に
クリックしていたのでしょう。
Commented by sikisai03 at 2016-03-04 17:18
ばんばさん、こんばんは。
私もその話を聞くまでは電気代の節約で間引いて切ってあったとばかり思っていました。
でもそうでは無かったようです。

最後の写真は中が空洞になっていてライトが仕組まれているのです。
こう言うのって面白いですね。
Commented by sikisai03 at 2016-03-04 17:18
pikorin77jpさん、こんばんは。
そうですね地域の活性化を図るには先ず真新しいことを考えるのが手っ取り早いでしょうか・・・
上手くブームに乗っかれば観光地としてもやって行けますね。
でも我々の団塊の世代がこの世に居なくなると若い人の数が少なく、
国外の観光客も当てにしなければなりません。
そんな外国人の人たちにも人気の事を考えなければいけません。
先の先まで読むのはなかなか難しいですね。
Commented by sikisai03 at 2016-03-04 17:19
ゆーしょーさん、こんばんは。
このブログは今の仕様になってからつい(非公開)を押しそうになりますね。
多分そうでは無いかと思っていましたが一応鍵コメの対応を致しました。
Commented by satuki1414 at 2016-03-04 22:11
っこんばんは
初めてコメントいたします
おとぎの国のようで先日から見入ってました
これだけのものを作り出す情熱
ご苦労もあるのでしょうが楽しませたい心意気を感じます
写真 何時も旅をしている気分です 感謝です
Commented by sikisai03 at 2016-03-05 05:50
satuki1414さん、おはようございます。
ご訪問とコメントを頂き有難うございます。
この氷点下の森も以前のブログから何度も記事にしているので、
私にはマンネリ感があるのですが新鮮に見て頂いて有難うございます。
satukiさんは北海道にお住いですね。
時々ブログは読み逃げさせて頂いています (#^^#)
これからもよろしくお願い致します。
<<  鶏手羽先の燻製  高山市丹生川町正宗寺の福寿草 >>