冬眠していたキアシナガバチ

 昔、草むらに巣を掛けていたキアシナガバチに刺されたことがありました。
 アシナガバチの仲間に刺されるととても痛いのですが針の太さを見るとそれも納得、
 ミツバチの3倍はあるでしょうか・・・
 そのキアシナガバチが雪の上に落ちていました。
 近くで越冬していたものらしく息を吹きかけたら動いたのでそのまま持って帰りました。
 春まで安全な場所で冬眠させてやります。
 刺されると痛い害虫ですが、そのまま見過ごすのも可哀想かと・・・

 このキアシナガバチは女王蜂なんですね~
 生態は雄蜂や働き蜂は秋遅くに死んでしまいますが女王候補だけが越冬します。
 春になったら人に危害を加えない場所で巣作りして欲しいものと願いつつ・・・
f0290971_5255814.jpg

f0290971_526921.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-02-28 00:03 | 自然の仲間たち | Comments(8)
Commented by youshow882hh at 2016-02-28 01:07
こんばんは。ゆーしょーです。
冬眠中の女王蜂が雪の上に居たのですね。
冬眠中は動かしても目が覚めないのですね。
安全な場所で春まで冬眠させるのですね。
目が覚めるのは啓蟄の頃でしょうか。
Commented by sikisai03 at 2016-02-28 04:11
ゆーしょーさん、おはようございます。
せっかく秋に安全な場所で始めた冬眠だったのですが、
暖冬で目が覚めたのでしょうかね。
そして降りたのが雪の上、寒くて動けなかったのでしょう。
昆虫は勿論変温動物なので適当な寒さであればそのままにして置けば春には目覚めるでしょう。
飛騨の啓蟄はまだ寒く、動き出すのは彼岸の頃になりそうです。
Commented by ばんば at 2016-02-28 08:35 x
おはようございます~(^O^)
これ、女王蜂なのですか~~
女王蜂は越冬するって初めて知りました。
sikisai03さんは本当におやさしいんですねぇ~~~
ばんばだったらほったらかしているかも…
だって、中学の遠足でこの蜂に頭のテンズシ刺されて酷い目にあったもの~~(>_<)
それ以来、蜂には要注意ざます。
Commented by sikisai03 at 2016-02-28 17:49
ばんばさん、こんばんは。
蜂の生活史はそれぞれ違うので他の蜂には当て嵌りませんが、
キアシナガバチの場合は秋に女王と働き蜂は死んでしまい、
残った雄と未来(翌年)の女王候補が交尾してその未来の女王だけが越冬するのです。
たまに例外もあるようですが概ねそのような形だそうです。
蜂に刺されると痛いどころか蜂によっては命にも関わりますから害虫と言えばそうですが、
他の害虫を食べてくれる益虫でもあります。
構わなければ刺されることも無いのでそーっとしておきましょう。
遠足の時なんかは列になって歩くので先頭がハチの巣をいじくると後の人が刺されますね。
Commented by ねずまま at 2016-02-29 08:57 x
黄色スズメバチは 警戒していますが アシナガバチは
あまり気に留めていなかったのですが2年前に 棚の植木鉢の
裏側に 巣をかけていたのに気が付かず 持ち上げて この
黄色君にちくっと刺されました。 痛い以上に 私 蜂の抗体保持者なので
すぐに 刺されたときに飲む 薬を。 最近は スズメバチ以外の蜂に刺されても
 はれ上がりますので 半日ほど 様子を見て 大丈夫でしたが。
蜂は 驚かされなければ 攻撃はしてこないので ぶんぶん飛んでいても
気にならないのですが。 自然 いっぱいの中で 暮らしているので
多少のリスクは 仕方ないですね。この女王様蜂 人目につかないところで
新しい家族を作ってほしいですね。
Commented by sikisai03 at 2016-02-29 17:24
ねずままさん、こんばんは。
この類の通称テラバチなんかも刺されるとアシナガバチ同様の痛みと腫れたりする症状が現れます。
スズメバチほどでは無いですが重いと呼吸困難などになる恐れもあるようです。
抗体を持っておられる方は要注意ですね。
一番被害があるのは庭仕事などしている時ですね。
またお百姓さんが草刈りも刺されることが多いようです。
昆虫は移動させると生態系が狂うことがあるので見付けた場所で放そうかと思っています。
ねずままさんの近くではありませんからご安心を・・・v(^^)
Commented by Meri-koenji at 2016-02-29 23:31
ファーブル先生、こんばんは!渋谷のハチ以外で、こんなにハチをアップで見たのは初めてです(@_@)美しい色と形ですね。
そして冬眠&越冬するとは驚きました。熊や亀だけじゃないのですね。それにしても雪の上に落ちて、しかもsikisaiさんに見つけてもらえてラッキーでした...。せっかく助かった命、春にはブイーンと飛び立つのを楽しみにしています。
そして、期待するのはハチの恩返しですよね(笑)
Commented by sikisai03 at 2016-03-01 05:26
Meri-koenjiさん、おはようございます。
蜂に引っ掛けた「八公」ですね。
私も一度は見たことがあるのですが今もあのままでしょうか?(^^)
昆虫は寿命が短く、1年から数年で世代を繰り返しますが何処かで冬越しをしなければなりません。
キアシナガバチの場合は雌の女王候補だけが越冬を許される不思議な世界です。
この女王を助けることは一家族を救うことですからちょっと興味もあります。
恩返しに刺されないようにしないといけませんね (;^ω^)
<<  氷点下の森ライトアップ 20...  生牡蠣 >>