飛騨高山二十四日市 9 (その他の風景その1)

 さて色々な店を見て来ましたが、これからは番外編として残りの画像を紹介したいと思います。
 せっかく大勢の人波を掻き分けて歩き回り撮った写真なのでボツにするには惜しくて・・・
 もう少しお付き合い下さい。 
f0290971_12414980.jpg

f0290971_1242195.jpg

f0290971_12421154.jpg

f0290971_12422357.jpg

f0290971_1242376.jpg

f0290971_12424857.jpg

f0290971_12425945.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-02-16 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(8)
Commented by youshow882hh at 2016-02-16 01:07
こんばんは。ゆーしょーです。
1枚目は信号待ちをしているところでしょうか。
雪で横断歩道が見えなくなっていますね。
豆もちは懐かしいです。
祖父母が健在の頃、旧正月にも餅を搗いて、かまぼこ型の豆もちを作ってました。
3月3日前になると、草もちは今でもスーパーに売っており、よく買います。
ヨモギの香りが何ともいえなく美味しいです。
Commented by sikisai03 at 2016-02-16 04:37
ゆーしょーさん、おはようございます。
最初の写真は鍛冶橋交差点で歩車分離式信号機なので横断歩道は見えなくても良いのですが、
言われてみると高山の街中は積雪がある時は何処も隠れてしまいますね。
豆餅は以前は塩と大豆だけでしたが最近、塩昆布入りのがあって旨味があります。
草餅もそうですが、スーパーでは年中売られていますね。
何かにつけて季節感が無くなりました。
Commented by ばんば at 2016-02-16 16:12 x
いや~~~懐かしい!
なんていうんでしたっけねぇ~~背中にしょってる籠!
只の背負い籠でよかったんでしたっけ?
昔我が家にもあって、父親がそれに野菜を入れて畑から戻ってきたっけ・・・
あの籠は・・・どこに行ったんだろ・・・
Commented by hanarenge at 2016-02-16 17:02
高山二十四日市を見せて頂いて嬉しいです。
食べ物の所は圧巻ですね、私なんか右往左往しそう、美味しいものって幸せ感があります。
ばんばさんが仰っておられますが、あの竹籠、家にも有りました。懐かしいです。背負う紐が、色々な色や模様で出来ていました。
今思えば、何かの布の余ったものを使ったのでしょうが、模様に母の遊び心が有ったのでしょうね。
庭に無造作に置かれていましたが。。。。。
写真のこの方は、お買い物されたものを入れていらっしゃるのかしらと思いながら拝見しています。
Commented by pikorin77jp at 2016-02-16 17:17
あっ、あの竹ざる欲しい、、、 豆餅欲しい。。。^^
欲しいものばかりですよ。カメラ 首に下げてる人 けっこういるのでしょうね。
Commented by sikisai03 at 2016-02-16 17:31
ばんばさん、こんばんは。
この画像で検索しても「背負い籠」と出るだけで飛騨独特の名称は分かりません。
それでも昔「コザをを負ねる(おねる)」なんて言ったような・・・
定かではありませんがそんな呼び方もあったような気がします。
今でもその籠で舞茸を採りに行く人も居ますよ。
山の中では邪魔になりますが・・・
Commented by sikisai03 at 2016-02-16 17:31
れんげそうさん、こんばんは。
食べ物は色々な店が出ていました。
お腹は一つなのであれもこれもと食べられないのが残念です。
竹の背負い籠は日本中何処にでも有ったようですね。
確かに背負うベルト状の部分は色々な色の布が使われていましたね。
ちょうど藁草履の緒みたいでした。
肩が痛くならないようにの工夫でしょうね。
写真の人は新品を買って帰られるところのようで同じ物が売られていました。
Commented by sikisai03 at 2016-02-16 18:08
pikorin77jpさん、こんばんは。
欲しい物がたくさんあるのに遠いから出掛けられないのも残念でしょうね。
しょうけや竹の背負い籠は今時ホームセンターにも売ってないでしょうからこうした市でしか買えないかも知れません。
写真目当てで私のようにうろつく人も多かったですが、
外国人も二十四日市は珍しいようでたくさん写真を撮っていましたよ。
<<  氷点下の森 2016年 その2  氷点下の森 2016年 その1 >>