飛騨高山二十四日市 5 (宮笠と有道杓子)

 二十四日市には毎年同じ場所で同じ物が売られていて場所が決まっているようです。
 元々市と言うのは何処でもそうかも知れませんが・・・
 宮の伝統工芸である「宮笠」や久々野町有道(うどう)の杓子もそうで出店を確かめると「今年も健在」と嬉しくなります。
 宮笠の装飾のあるセミ付(3枚目の写真)は昨年はほとんど売れていましたが今年は時間が早かったせいかまだたくさん残っていました。
 有道杓子の動画もありますのでご覧下さい。
f0290971_6302293.jpg

f0290971_6303431.jpg

f0290971_630534.jpg

f0290971_631318.jpg

f0290971_6311770.jpg

f0290971_12273689.jpg

f0290971_12274994.jpg







[PR]
by sikisai03 | 2016-02-06 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(6)
Commented by youshow882hh at 2016-02-06 00:39
こんばんは。ゆーしょーです。
宮笠の上に付けている飾りを「セミ」と言うのですね。
そういえば木に止まったセミに似ています。
杓子を作っている動画を見ました。
お碗のようにくりぬいていますね。
Commented by sikisai03 at 2016-02-06 06:28
ゆーしょーさん、おはようございます。
そうなんです、セミ付とは木に止まった蝉の形の飾りのことです。
これが付くと値段も倍くらいになりますが、勿体無くて被れません。
私は家に飾っています。
Commented by pikorin77jp at 2016-02-06 11:18
こんにちは。動画 拝見しました。
私は この杓子、とても興味あります。伝統的な台所用品。
自分の手で 毎日使って 愛着がわいてくるもの、そういうものがいいですね。
素晴らしい杓子ですね。
Commented by sikisai03 at 2016-02-06 17:00
pikorin77jpさん、こんばんは。
板を刳り貫いて作ったしゃもじですが金属製のお玉と違って温かみがあります。
我が家にも一本ありますので、例えば大鍋で豚汁など作った時はよく使います。
また小さなスプーンほどの大きさのしゃもじも良いですよ。
Commented by ばんば at 2016-02-06 17:15 x
宮笠…こういう蝉のあるのを一つ<オッサンに(よう働いてもらわならんで…)>一つ欲しいんだけど・・・
中々24日市というのに行くことができません・・・
今市議会選挙の準備中でなんだかばたついてて、ねぇ・・・
Commented by sikisai03 at 2016-02-07 05:47
ばんばさん、おはようございます。
旦那様にプレゼント、それは良い考えですね。
でも蝉付きは実用には向かないかも知れませんよ。
私のように座敷に飾りっぱなしでは用も足しません。
宮笠も市以外で買えるような気もしますが・・・
<<  ミル貝の刺身  ダイヤモンドダスト >>